ashmama の 多国籍食堂

葱油餅



昨日のこと。
いつものように夕飯は何にしようかと決めかねていたんです。
ガルバンゾを買ってきたので、たまにはインドカレーでも作ろうか? と、思ったら、
「粉ものがいい・・」 ぼそっと呟くashpapaの声。

粉ものって。。。。

土曜日のお持ち帰りが沢山冷蔵庫に眠っているのに?

昨日は、昨日で「大根餅」を食べていたのに、まだ、粉もの食べたいんですか。。。

c0126220_16442553.jpg



仕方がないなぁ。。。。

粉ものねぇ。何を作ろうかなぁ。 
肉餅みたいなのはどうかい? 嫌?
ふ~ん、じゃ、肉まんみたいなのは? 嫌?
ふ~ん、では、葱油餅は? いい? 
そうかい、そうかい。分かりましたよ。 どっこらしょ。

さてと、今日は辻調理師専門学校の吉岡先生のレシピに沿って作ってみましょうかねぇ。
どれどれ~。

強力粉 150g 薄力粉 50g 塩小さじ1/5 温水165ml ラード小さじ1ね。
むむむ、、、小麦粉に対して水分が随分多い気がするけど。。。

まずは、粉を合わせ、ふるいにかけ、塩を加えると。それから、それから。
温水を120mlほど加え、麺棒で混ぜて全体を馴染ませると。ほい。
更に残りの温水を加えてよく練る。。。 げっ! べちゃべちゃじゃないかい!
大丈夫なのかしら、この生地。
次に麺台にとりだし、ラードを加え、手のひらの付け根で押すようにしてよく練る。。。って、あなた、こりゃあ、スライム状態ですがな! 
手のひらの付け根どころじゃありません。
もう、ゴキブリホイホイみたいな状態になってますが、大丈夫ですかね??? 
ひぇ~!!!

レシピによれば、一つにまとめて15分ほど休ませると書いてありますが。。。
まとまるどころか。。。ドロドロですが、どないしましょ?
まぁ、とりあえず寝かせておけば大丈夫かしら。。。と、ラップをかぶせ、そのまま放置。


15分休ませたところで、再度取り出し練ってみた。。。 う~ん、こりゃあ、打ち粉をしないととんでもないぞぉ。

生地を切り分け、麺棒で長方形に伸ばす。。。って、う~ん、難しい。
麺棒にも麺台にもくっついちゃうってば。
どうにかこうにかレシピ通り、作ってはみたものの。。。

c0126220_16445925.jpg


わ~!!! 最後の最後で巻き方間違えたぁ~!!!

c0126220_16452132.jpg


本当は、折り目を内側に平らに巻いていくんだった!
ひょえ~!!! とりあえず、これで焼いちゃえ!

かくしてちょっと厚めの葱油餅の出来上がり!

c0126220_16454585.jpg


味は抜群にいいんじゃがなぁ。。。。

でもって、どうもこうも レシピの数字が納得できない!
何で、150g+50g+5g+165ml=330gになるんじゃろか!
う~ん。う~ん。 と、悩んでいると

「そんなに悩んでいるなら、直接 聞けばいいじゃん」とashpapa。

「へっ?」 

と、思ったが、気になるので発行元に問い合わせてみた。
すると、わざわざ吉岡先生に確認して、お返事をもらってしまった!
ありゃまぁ、そんな申し訳ない! 

結局、温水が165mlではなく、水165mlを60度の温水に沸かした後の容量で、総量に違いがでるのだということ。
ふむふむ、これで、納得できたわい!
そうだろうなぁ、そうだとも! 非常に満足して電話を切った。

しかし、たかが電話で問い合わせただけなのに、きちんと調べて答えてくれるなんて!
偉いぞ! 柴●書店! 
[PR]
by ashmam | 2010-02-10 16:46 | おうちで多国籍料理
<< 新橋「台湾料理 香味」(台湾料理) 上海湯包小館へ >>



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧