ashmama の 多国籍食堂

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

台湾 3日目はの~んびり^^


鳳梨酥を作ってホテルに帰りついたのはAM 1:30
台湾滞在も今日が最後。
最終日の明日は、朝8:30集合なので、今日のうちにお土産などを購入しておかなくちゃ。
頼まれた品物もあるし、今日は、地元のスーパーと問屋街に繰り出すことにしています。


そう言えば、まだ、自分で食べたいと思っていたものも満足に食べていない。
小籠包も食べたいし、担仔麺も食べたい。
そうそう、鍋貼(焼き餃子)すら食べてないなぁ。。。

台湾3日目で唯一きちんとした食事といえば、昨日ごちそうになった牛排ぐらいかな。

c0126220_16102333.jpg


どこで食べたかというと、お菓子のお店の隣にある「だいこん」というお店で食べました。
でも夜10時過ぎの食事にしては、ちょっとハード。
野菜。お肉。そして、お魚とかイカの炒めものがついて、ご飯、スープ、飲み物は食べ放題。

奥様と蘇さんは元気にお代り三杯(  
こういうところが、この人たちのエネルギーの元なんだろうと思った。


では、3日目のこの日、食べたメニューをご紹介。
7:00 朝、ホテルで朝食。

11:00 買い物途中、西門で「酸菜肉糸麺」

c0126220_16105235.jpg


う~ん、スープは今一つかな。今回の旅、初めての麺。

この何とも言えない腰のない麺が意外と好き(笑)


店のご主人が日本人だと分かるとあれやこれやと質問してきました。
西門の近くで「いらっしゃいませ~」と元気よく声をかけているおじさんのお店があったら、私が指導したお店です(笑)

14:00 晴光市場の八方雲州で「鍋貼(焼き餃子)」のおやつ。

c0126220_16151968.jpg


お店には私一人。そろそろ、休み時間。
食べているのにこのあとすぐに電気を消されてしまった(笑)


15:00 ポテトサラダパン

c0126220_16115642.jpg


そういえば、台湾でパンを食べていなかったと思わず買って食べたもの。
ビール片手に昼寝でもしようという魂胆。


一寝入りして。

c0126220_16161085.jpg


16:00 度小月で「担仔麺」

c0126220_16122046.jpg


何か、細切れに食べていますねぇ(笑)
この2日間満足に食べていないので、取りあえず目につくものは食べたって感じでしょうか。

うん。やっぱり「担仔麺」は美味しいなぁ~^^


さて、残す楽しみは晩御飯のみ。 何にありつけるかしら~♪
[PR]
by ashmam | 2009-01-08 16:16 | 海外

鳳梨酥(パイナップルケーキ)作りに挑戦だ!!



さて、中山駅に待っていたのは、料理教室の蘇さん。
この日、最後のイベント「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」をこれから作りに行きます。
行先は、桃園。 
台北市内からだと車かバスで1時間以上かかるとのこと。

果たして、どんな教室なのでしょうか。
疲れて、お腹も空いていますが、ワクワクします。

丁度いいバスがなく、知り合いに手配してもらったタクシーに乗り、夜の高速をひた走ります。
たどり着いた所はこんな場所。

c0126220_13503493.jpg


料理教室ではなくて、これは。。。。 鳳梨酥を売っている お店ですね。

c0126220_13505435.jpg



店の奥へ通されて、いよいよ「鳳梨酥」作り初挑戦です。

c0126220_13521259.jpg


まずは、生地に餡を包み、四角い枠の中に詰めていきます。
丸い団子状のものを手の平でつぶしていきます。 
包子は作りなれているので、意外と簡単な作業。
奥さんからも筋がいいと褒められちゃった~^^  
夏休みにアルバイトにこようっと^^

c0126220_1352404.jpg


あっというまに鉄板一面の鳳梨酥の出来上がり。

これを185度に熱したオーブンでじっくり、焼いていきます。

焼き上がりを待つ間に生地を作り、今度はさつまいものパイを作りましょう。

c0126220_13532525.jpg


生地は鳳梨酥と一緒なので、作る工程、生地作りの工程が時間をロスすることなく学べます。
ほう、さすが!!

今度は、サツマイモの餡を生地で包み、丸いお団子状に。それを手の平で円形に潰していきます。
表面にブラシで穴をあけ、真中にお店の名前を押していけば、さつまいものパイの完成。

c0126220_1353489.jpg


これも鳳梨酥と同じようにオーブンへ。

そして、これは、私のためにともう一品。
日本のおこしのようなピーナッツとゴマの砂糖菓子。
鉄板一面にピーナッツとゴマを振ったら、そこに、熱い水あめ状の砂糖を流し込んでいきます。
ある程度、冷めたら、半月状の包丁で切り分けていきます。
完全にさめるとサクサクとして美味しいお菓子に変身。

その他にも 日式の巻き寿司。芋圓(タロイモの白玉みたいなもの)。プリンを作り、全ての料理完成。

焼き上がった鳳梨酥は、綺麗に包装。箱に詰めて、完成です。

c0126220_13541629.jpg


わ~、私が作ったものがお店で売られるんだ~^^ 

と、思ったら、12個詰め5箱(つまり鉄板一枚分)鳳梨酥をお土産に頂いちゃいました^^
蘇さんと仲良く分け合って 台湾で一番覚えたかった「鳳梨酥」教室はこれで終了。

時刻は12:30。 
奥様、お譲様、そしてその婚約者。旦那様。 
温かく迎い入れてくれた人たちに感謝。感謝。

その後、タクシーに乗り、ホテルに帰ります。
このタクシー代もこっそり運転手さんに渡すという細やかな気配り。 
奥様。ありがとう。 来年の夏は必ずアルバイトして恩返しを~。

こうして、今回の台湾の目的がまたひとつ終わりました。
あ~、楽しかった^^
[PR]
by ashmam | 2009-01-06 13:54 | 海外

午後のお茶会

皆さま

明けましておめでとうございます^^

昨年の暮れからバタバタしておりまして、随分長いこと休んでしまいました。

今年も宜しくお願い致します。


さて、途中で終わった台湾旅行記、 もう少し続きがございます。

2日目の午後からの始まり、始まり^^




12/18 午後

自分で作った胡椒餅をお昼ご飯がわりに食べて、
向かう先は、台電大樓駅。

c0126220_13554895.jpg



ここは、詹媛さんの所属する「中華語文研修所」のオフィスがあります。

そこから歩いて5分程度。
昨日、ず~と私のことを待っていてくれた鄭さんのお店にいきます。

鄭さんのご主人は中国で陶器を扱う会社を営んでおられて、今回お邪魔したお店もそのアンテナショップといったところでしょうか。

c0126220_13573271.jpg


壁には一面、美しい茶器等が並んでいます。

c0126220_13564345.jpg


c0126220_13571418.jpg


店先にお茶が飲めるスペースがあり、茶器を愛でながら自家製のスィーツを頂くこともできます。


c0126220_13561545.jpg


地下には、工房もあり、ケーキを焼く甘い匂いに包まれていました。

この日は、できたてのプリンを頂きました。
まだ温かいプリンは どこか懐かしく、優しい美味しさでした。

お茶を飲み、少々ゆったりできた私たちが 次に向かったのは、士林。
中華語文研修所主催のクリスマスパーティがあるとか。
日本人もたくさん来るので是非にといわれて ついていくことに。

だが、これが失敗。
生徒さんと一緒に京劇を披露する詹媛さんを見ていて、早 夕刻6時30分。
昨日の疲れは出てくるは、お腹は空いてくるは。。。

実は、まだ、この日、最後のイベントが待っているのです。
ホテルに引き返す時間もなく、次に向かった先は。。。。中山駅。

さぁて、次はどんな人たちが待っているのでしょうか。
晩御飯抜きだけは勘弁してくれ~。
[PR]
by ashmam | 2009-01-05 13:59 | 海外



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧