ashmama の 多国籍食堂

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

点心教室に通い始めました



最近、点心教室に通い始めました。

c0126220_17464176.jpg


日本で数少ない点心師のマイスターがとれるそうです。

先々週は、「水餃子」を。

そして先週は「ゴマ団子」と「シュウマイ」を習ってきました。

が、この点心学校。
いわゆるなんちゃってではないのです。

勿論、趣味の方もいらっしゃいますが、
プロもしくはプロを目指す方のためでもあるので、作る量が半端じゃない(笑)

教室もいわゆるお料理教室を想像すると大間違い。
食品加工工場の中を想像ください。
まさしく現場そのもの。

初級コースは、点心の包み方を中心に。
中級コースは、生地の作り方を中心にマスターしていきます。
上級コースは協会が合格と判断した方のみ進むことができるコース。

まぁ、どこまで、ついていけるかですが。
で、今回の成果がこれ。

c0126220_17511050.jpg


ゴマ団子と言えども、中身はゴマ餡、蓮の実餡、こし餡、そしてココナッツ餡と4種類。
一見餃子のように見えるのが「ハムスイコー」

しゅうまいは「海老しゅうまい」と「香港しゅうまい」


先生の作ったものを試食。

c0126220_17471141.jpg


この日は、各種ゴマ団子としゅうまい。中級の方が作られた饅頭をいただきました。


自分が作ったものは、全てお持ち帰りできるのがうれしい。


・・・が、毎週通うと冷凍庫が満杯になっちゃう~!


来週は蝦餃子! がんばります。
[PR]
by ashmam | 2009-11-30 17:53 | 料理学校

町田「小陽生煎饅頭屋 (ショウヨウセンチンマンジュウヤ)」(飲茶・点心)

ふっふふ。

最近、めっきり遅筆になったashmamaです。
辛抱強く、まだ、再開しないのかあいつは! と思ってくださった方々申し訳ございません。

さて、ちと古くなってしまいましたが、先週のこと。

行ってきました、はるばる町田まで。
何やら私の大好きな「生煎包」の専門店があるとのこと。
しかも行列の必至のお店だとか。

確か・・・商店街の一番はずれにあるというらしいのですが。。。。

c0126220_14582867.jpg


あいにく水曜日は商店街の定休日。ほとんどのお店のシャッターが閉まっていました。

あっ、あの人ごみ! 
あれが、そうなんじゃないんですか!!

c0126220_14585441.jpg


ありました、ありました!
「小陽生煎饅頭屋 (ショウヨウセンチンマンジュウヤ)」!

c0126220_1501787.jpg


これですねぇ。


台湾の「生煎包」ではなくて、ここは上海の焼き饅頭(小籠包)なんですね。

かわいい~! 小ぶりの饅頭が鍋いっぱいに並べられています。

c0126220_150391.jpg


饅頭の半分ぐらいつかるほどの油で揚げ焼きにしていきます。

こちらでは、生地を練っていますね。

c0126220_151284.jpg


こちらは、餡を包むところ。

c0126220_1512239.jpg


スタッフは全部で4人。
30分ごとに担当を変えながら、熱心に仕事に従事しています。
ご主人は日本人で、奥様が上海人とか。

しかし、寒い。
行列は店の前を往復し、外へとつながっています。
混んでいる時は、道路を渡り、モスバーガーの前まで列が続くという。

問題はこのロス! 

c0126220_1514225.jpg


一回で、一鍋しか焼けないんです。
一鍋90個。で、う~ん、80個位が商品化ですかね。
一人平均6個ぐらい買いますからねぇ。
自分の番が回るまであとどのくらい待つのでしょうか。

この日で、約2時間! 待ちました。並びましたよぉ。
ひぇ~、心底寒いです。

c0126220_1524839.jpg


やっとの思いで手に入れた生煎饅頭!
お値段は4個で340円、6個で510円、混雑緩和のために一人12個までとなっています。


何でも大量の肉汁が出るので、「火傷や服がよごれてもご自身で責任を持ってね」というような注意書き書いてあります。

どれだけ~っと思いながらも、注意深く一口。

びゅ~!!! 

あちちちちちちち・・・ 

大量の肉汁が噛んだとたん噴き出してきました。
汁が、汁が、勿体ない~!!! 熱いの覚悟でちゅ~っと吸ってみると!

う~ん、甘い♪

餡の味付けが実にいいんです。
美味しいなぁ。。。

レンゲ1杯以上は優にあろうかと思う肉汁を閉じ込めておくための生地は、かなりしっかりとして噛みごたえがあります。

残りはお土産にして、ふっふっふ^^
夜のお楽しみです。

ちなみに冷めたらどんなになるんだろう? と切ったのがこちら。

c0126220_154082.jpg


冷めた場合はトースターで5分温めてねと言われたので、指示どおりにやってみると。
さすがに焼き立てとはいきませんが、それでも小さじ1杯分ぐらいの肉汁が溢れでてきました。
う~ん、なるほどねぇ。
これは、売れるは!

焼き饅頭1つで2時間以上待つ自信のある方は是非行ってみてね。
[PR]
by ashmam | 2009-11-27 15:04 | 多国籍料理食べ歩き

秋葉原「秋葉 鶏排(チーパイ)」(台湾軽食)

またまた、ご無沙汰でございます^^

先日、十条銀座商店街に鶏排(チーパイ)現る!! 
と、思って行って、空振りに終わったashmama。

昨日は、秋葉原にまたまた調査に行ってきました。

ここはJR秋葉原駅のすぐ近く。
東京メトロ日比谷線3番出口から徒歩30秒という好立地。
並びにはテレビでも取り上げられるほどの有名なメイド喫茶があるところ。
へ~、こんなところに本当にあるのかいな? と半信半疑ですが・・・

ありました!
「秋葉 鶏排(チーパイ)」

c0126220_1894245.jpg



台湾の人気軽食グルメが秋葉原に上陸!とあります。
テイクアウト専門店のようですが、まぁ、店内で食べることも可能。

c0126220_1810459.jpg


ぼやぼやですが、メニューはこんな感じ!

c0126220_18102135.jpg



説明書きもありますねぇ。

c0126220_18104931.jpg


さて、問題の「鶏排(チーパイ)!(250円)」

c0126220_1811542.jpg


お~、大きさと言い、匂いといい、かなり本場のものに近いですよ。

どれどれ~、一口!

う~ん、この甘い匂い。

士林夜市で食べた大鶏排よりもややお肉はしっかりしていますが・・・
でも、なかなか、それっぽくていいんじゃないでしょうか♪

一口サイズのチーパイボーイもあります。
お好みで、フレーバーをかけてもいいんですが、味はこのままでも十分かな。

c0126220_18112465.jpg



で、こちらは魯肉飯(450円)

c0126220_18114116.jpg


卵はちょっと干からびた感はありますが、タクワンも乗っていますねぇ。
お肉は、痩肉と脂のたっぷりのったお肉とちゃんと入っています。

c0126220_1812133.jpg


容器はこんな感じ。
少々、汁が少ない感じはしますが。。。
お味は、これまたいい感じです。
日本人好みに五香粉は控えめに、味はやや濃いめ。
非常に食べやすいと思います。

うん、なかなか美味しい。

その他、タピオカドリンク他、アルコールなども置いています。

台湾好きの皆さ~ん、ものは試し。
秋葉鶏排、是非、食べてみてね♪

住所:東京都千代田区神田佐久間町1-19
電話:03-3256-0269
[PR]
by ashmam | 2009-11-18 18:12 | 多国籍料理食べ歩き

知らずに食べていたけど。。。



昨日のことです。ランチをとりに行徳に行ってきました。

いつもと違い、何やら、パトカーや警察官が多く、ものものしい雰囲気です。
尋常じゃないなぁ。。。と思っていたら、その夜、市橋容疑者逮捕のニュースが流れました。
まさかね。
とは思いますが、昼頃から実は動きがあったのだろうか。。。なんて思ってしまいます。


さて、行徳と言えば「ボーンタイ」か「パタヤ」でしょう!
何の話し? って、タイ料理屋さんですが^^

どっちに行こうかな。。。
では、久しぶりに「ボーンタイ」に行くとしましょうか!
ママが里帰りをしていたので、しばらくぶりにお店を開けています。

そうだなぁ、今日のランチは、
Aがカオ・ガバオ Bがパット・トゥワウゴー・ムー(豚肉と厚揚げのもやし炒め)
Cがクィティオ・ナムトックね。

まずは、Aかな。。。

c0126220_15175442.jpg


これは、もう、当たり前に美味しいよね。
辛いソースってママが持ってきてくれました。

c0126220_15182442.jpg


そうそう、これをちら~っとかけ~の、
フライドエッグを割りぃ~の。

c0126220_15184737.jpg


ご飯とからめ~の。

パクッ! きゃ~、おいしいよぉ。


もう一つは、Cの麺を頼んでみましょう。



麺といえば、このお店ではトムヤムラーメンしか食べたことがないんだけど。
どれどれ。。。。

c0126220_15195193.jpg


うっ、食べる前に嫌な予感がします。
赤黒いスープ。

ちょっと、臭いが。。。。何だろう? この匂い??


麺はこんな感じ。。。。

c0126220_15202527.jpg


へタレなash君は「僕は、これ、無理です」といってギブアップ。

私は、とりあえず食べます。。。


しかし、臭い(笑)
臭豆腐でもない、なんだろう、この匂い。
発酵系の匂いがする


テーブルの上のプリック・ナムソム(唐辛子入り酢)をかけて、味を調整し、食べます。


まぁ、慣れればいいんじゃないんですか。


問題の麺「クィティオ・ナムトック」は、牛骨スープにスパイス
そしてなんとぉ、豚の血のスープなんですねぇ。

きゃ~!!! 

知らなきゃよかった。。。
ご興味のある方は、是非、どうぞ。
[PR]
by ashmam | 2009-11-11 15:23 | 多国籍料理食べ歩き

明石焼き 



別名 玉子焼きとも呼ばれるらしい明石焼き。

実はこれ、小麦粉で作るんじゃないらしいんです。

な・なんと 「浮き粉」で作るというのが本当らしい。



ならば、作ってみましょうか。
浮き粉20g、片栗粉15gをふるいにかけておきましょう。

ここに鰹で取っただしを少しずつ混ぜながら、加えていきます。
加える量はボール半分ぐらいまで。粉に対してかなり多め。
かきまぜないとすぐに分離してしまう程度の濃度です。

別のボールで、卵1個をよ~く、あわ立て器で撹拌しておきましょう。
必ず、焼く直前に、作っておいた液と混ぜ合わせます。

c0126220_11191198.jpg


後は、たこ焼き器で焼くだけ。
たこはお好みの大きさに切ってくださいね。

ほら、焼き上がり。

c0126220_11193437.jpg


白醤油、酒で味を調えただし汁につけていただきます。

c0126220_11195980.jpg


口に入れるとほろ~り溶けて。。。

う~ん、美味しい。

外で食べる明石焼きって高いなぁ。。。と思っていましたが。
こうして、作るとかなり原価がかかることが判明。
たかが明石焼き、されど、明石焼きなんですねぇ!
[PR]
by ashmam | 2009-11-10 11:21 | おうちで多国籍料理

水晶餃子



餃子大好き、粉もの大好きashmama。
今日もいそいそ粉を振るいます。

今日の粉は、ちょっと特別!

c0126220_1433419.jpg


浮き粉! 
知らない人も多いと思いますが、小麦粉の澱粉なんです。

これに本来はタピオカ粉を混ぜるんですが、タピオカ粉は更に入手困難。
そんじょそこらには売っておりません。

代わりに片栗粉で代用します。
ここに熱湯を145cc一気に注ぎ、麺棒で叩くように混ぜ合わせます。

c0126220_144537.jpg


手で触ってもいいぐらいの温度になったら、マットの上に。
スケッパーで、丁寧に生地をまとめていきます。

c0126220_144265.jpg


さて、お次は具材の準備。
しょうが、竹の子をみじん切りに、青ネギは小口切りにしておきます。

c0126220_1444242.jpg


海老7尾の背ワタをとり、片栗粉と同量の水でもみ洗いましょう。
こうすることによって臭みが取れますからね。
ほんのひと手間ですが手を抜かないように。
これを水で洗い、水分を拭き取り、8等分ぐらいに切っておきます。

材料をすべて入れ、醤油、砂糖、塩、紹興酒を加え、ごま油を一回しかけたら、最後に片栗粉を加え、合わせておきます。これで、餡の準備が終わりました。

c0126220_145473.jpg


生地を20等分し、スケッパーで8センチのサイズの円形に伸ばし、小ぶりに包んでいきましょう。ここがポイント! 麺棒ではこの生地はくっついて伸びません。
スケッパーで半円を描くように、薄く、薄く伸ばしていくんですねぇ。
ふぅ。



包んだ餃子は、蒸し器に入れて、6~8分蒸せば。。。

熱々、水晶餃子の出来上がり。

c0126220_1454976.jpg



辛子醤油でいただきま~す^^

はふはふ、おいちぃ~!
[PR]
by ashmam | 2009-11-08 14:06 | おうちで多国籍料理

東京ディワリフェスタ西葛西

台湾料理ネタは今日はお休みにして。

先日のこと、西葛西の新田公園で行われた「東京ディワリフェスタ西葛西」に行ってきました。
お天気にも恵まれ、会場はかなりの人ごみ。

c0126220_2143364.jpg


売店の前には長い行列がありました。
今年からシステムが変わり、チケットを貰って、それを食べものと交換する際に代金を払うらしい。。。面倒くさいなぁ。

並ぶの大嫌いなんだけど。

と、別の売店はそのままキャシュでもよいらしいことが判明。
早速、並んで買いましょう。

ash君と手分けして、まずは、食べ物をゲットだぁ!

ドーサを焼いていますねぇ。

c0126220_2144320.jpg


しばらくして、料理を持ったashpapaがブログ仲間を連れて来ました。
ならば、一緒にお買い上げ! ドーサ2つくださ~い!

さて、さて、席を確保して!

ビールで乾杯です!

c0126220_21442888.jpg


ビリヤニ

c0126220_2144449.jpg


マサラドーサ

c0126220_214535.jpg


そして、カレー

c0126220_21452222.jpg


うっ、食べ散らかしてますねぇ(爆) 汚くてすみませ~ん!


それにブロガーさん持参の「マイ辛味」を掛けて~!!!

c0126220_2146205.jpg



いただきます!

c0126220_21464393.jpg


旨い、旨い^^

しかし、3人ではすぐに食べ終わってしまうので、またまた、売店に並びます。

ナンを焼いているお兄さんに

c0126220_21473885.jpg


チキンティッカをお願いします。
真剣な目で取り分けてくれていますねぇ(笑)

c0126220_21471628.jpg


これがねぇ。旨いんですよ。



ビールもお代り3缶目ですよ^^

c0126220_2148516.jpg


小麦粉を焼いて、シロップにつけたというスィーツ

c0126220_21482358.jpg


甘いよぉ~^^

一緒のテーブルに座ったインド人ファミリーと仲良くなり、お料理やスィーツまでご馳走になってしまいました。
ありがとう、パパ、ママ! また、来年会いましょうねぇ!
なんて言って、調子がいい(爆)

今年もなかなか面白かった。
来年はもう少し早い時間に行こうっと!
[PR]
by ashmam | 2009-11-06 21:49 | 多国籍料理食べ歩き

大鶏排~!


ふっふふ。皆さん、こんにちは^^

台湾旅行記が終わったとおもったら、台湾料理をUPし続けております。

変なおばさんです(爆)

今日は、大鶏排の登場です!

ご存じ、台湾夜市名物の巨大鶏のから揚げです!


まずは、鶏を観音開きにし、ひたすら薄く伸ばしていきます。
伸ばした鶏肉をつけだれにつけること1時間。
プロの作り方は衣をつけた状態で急速冷凍して味をなじませるんですが、
プロじゃないですからね。普通に、普通に(笑)

じっくりと味が染みた肉に地瓜粉で衣を付けて、

c0126220_15131939.jpg


揚げていきましょう。

c0126220_15134140.jpg


外側カリっと内側ジューシーに揚げてくださいよ^^

大きさが分かりづらいと思いますが、フライパンは38センチのもの。
かなり、でかい!(笑)

ほら~、出来上がり! 
仕上げに、カレー粉、ガーリックパウダー、塩、胡椒を混ぜ合わせたパウダーを振りかければ完成です。

c0126220_1514681.jpg


大鶏排~!!! 
でかいままかぶりつけば! 
がぶっ!

c0126220_15142649.jpg


鼻に広がるいい香り。
外側サクッと、中から美味しい鶏のエキスがじゅっわ~!!!
うっま~い! ビール、ビールぅ!!
[PR]
by ashmam | 2009-11-02 15:15 | おうちで多国籍料理

刀削麺を作りに挑戦!!! 



台湾の屋台には色々美味しいものがあります。
が、しかし、実際に作ってみるとこれまた意外と面倒くさいものばかり。
今日は、イカを使ったとろみのあるスープ「魷魚羹(ヨウユイゲン)」を作ってみました。

このスープのポイントはイカ!
まずは、イカを食べやすい大きさに切ります。
次に魚のすり身を作り、下味をつけておきます。
すり身を掌に乗せ、イカをひとつずつ包むように巻いていきます。
かまぼこ屋さんのイカ巻きの作り方を想像してください。

絵が浮かんできましたか?

そうそう、あれね!
そして、このイカ巻きを、スープに放ち、煮ていくわけですね。

ふぅ、料理を作る人ならちょっとは分かるよね。

かなり、面倒くさい! 
でも、台湾では1杯80元ぐらいですかね? 日本円で280円ぐらい?


それは、それは、美味しいんですけどね。

で、このまま食べてもいいんですけど。

お待たせしましたぁ~! 刀削麺~!!!! 作っちゃいました!(笑)

まずは、強力粉を準備します! 今日は、手始めに300g。
塩小さじ1を水100ccに溶かして準備完了。

c0126220_1829278.jpg


水を注ぎ、煉っていきましょう。


げげげぇ!!! 硬い! 硬いとはきいたけどかなり手ごわいぞぉ!

ここまで、一塊りにするのがやっとですねぇ。

c0126220_18301790.jpg


それを寝かし、また、捏ねて、更に寝かします。

ふぅ。


それをかまぼこ状にまとめ、削面刀で削っていきます。
削る包丁はこれ! 削面刀!

c0126220_18311053.jpg





しゅっ! しゅっ! しゅっ!

c0126220_18313316.jpg



「イカのとろみスープ」で煮込んで。

c0126220_1831518.jpg


仕上げに米酢を一さじ加えて、完成です。

c0126220_18321999.jpg


もう、これ!
分かる人だけが分かってくれればいいような非常に手の込んだ料理です(笑)

が、しかし、見た目地味ぃ~(爆)

c0126220_18323719.jpg


台湾の辣豆板醤をちょこっと加えても美味しいよ。

では、刀削麺をお見せしましょう。

c0126220_1835292.jpg


ほら、初めてにしてはいい感じじゃないですか?



ひゃっほほ~い! 麺づくり楽しい~ぃ♪
[PR]
by ashmam | 2009-11-01 18:36 | おうちで多国籍料理



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧