ashmama の 多国籍食堂

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

久しぶりに 魯肉飯

hasuki_kenさんが台湾から帰ってこられたばっかりですが、

羨ましくって(笑)、 久しぶりに「魯肉飯」を作って食べました。

c0126220_17525235.jpg


勿論、ご飯にかけても美味しいんですが、こんな風にお野菜にかけても美味しい。

c0126220_17531676.jpg


おかずは、何にしようかな?
そうだ、冷蔵庫に残った白菜。あれを食べちゃわないとね。

何にしようかな?
それでは、調理開始!

白菜を縦1/8にカットし、油を引かないフライパンで焼いていきます。
こんがり焼き目がつくまで焼いていくと、白菜がとっても甘くなるんですよ。
今日は、帆立の貝柱をネギ、生姜のみじん切りと白湯で煮込み、塩、胡椒で味付け。
そこに食べやすい大きさに切った白菜を加え、軽く煮込み、片栗粉少々でとろみをつけたら、完成。

c0126220_17533858.jpg


貝柱の旨さと白菜の甘味があいまって、優しい味に。
ご飯にかけても美味しい一品になりました。

続いては、冷凍庫からワンタンを取りだし、茹でていきます。

c0126220_1754419.jpg


タレをかけて、完成!

c0126220_17543265.jpg


ちゅるんとしたワンタンの喉越しが堪りません^^

このタレ「紅油」のレシピをご紹介。
ボールにラー油大さじ1、醤油(あれば中国醤油)大さじ2、砂糖小さじ1、酢大さじ1/2、ゴマ油大さじ1を入れ、葱のみじん切り、葫のみじん切りを加え、合えたら完成です。


餃子にも合うので、是非、試してみてね。
で、辛味の好きな方は、揚げ唐辛子をかけると、もっと美味しい^^


久々の台湾風晩ご飯。

あ~、夜市に行きたい。。。
[PR]
by ashmam | 2010-01-25 17:56 | 中国語学校

オムそばめし


昨日は、吉祥寺で打ち合わせ。
いつもここは、11時には終了して、お昼にはちょっと早い時間に解放される。
さてと、どこに行こうかなぁ。

駅に向かう途中、インド料理もいいが、タイ料理も捨てがたい、イタリアンねぇ。
いやいや、九州ラーメンも旨そうだぞ、なんてことを考えながらぶ~らぶら。

そう言えば久しく、お好み焼きなんてものは食べてないなぁ。。。。と思って入ったのが、ここ。

c0126220_1330975.jpg


「大阪ぼてじゅう」! 
昔はよく入ったものだが、もしかしたら、うん十年振りかもしれない。

開店してすぐに入ったので、誰もいない店内。

c0126220_13302824.jpg


ふっふっふ。一人占め。

ランチにはサラダがサービスされるそうですが、飲み物もついてお得な「オムそばめしセット」を注文しました。

まずは、サラダ!

c0126220_13305229.jpg


入れたての珈琲が来ましたよ^^ 一番乗りってこういうところがいいんだな^^

来た、来た、オムそばめし!

c0126220_13311444.jpg


えへへへへへ。 卵大好き~! 美味しそう!
実は、そばめしって食べたことがなかったんです。
ぼでじゅうのお好み焼きソースが効いて、こりゃあ、いい感じ。

中は、こんな感じ。

c0126220_13313329.jpg


食べかけですみません^^;

食べ終わるまで、一人っきり! 
貸し切り状態で、ゆったり食事ができました!

うん、美味しかった!
ごちそうさま!

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 ファミリープラザ B1F
電話:0422-22-8694
[PR]
by ashmam | 2010-01-21 13:31 | 多国籍料理食べ歩き

ワンタン二種に小籠包饅頭



冷蔵庫を開けたら、今日までの賞味期限のお肉が!
こりゃ、あかん! 安いからといって買ってくるとこうなっちゃうんだ。

早速、豚バラ肉はチャーシューに。

ひれ肉は細かく切って、ワンタンの具材にすることにしました。
味付けは、ネギ油、塩、白胡椒、生姜とネギのみじん切り、片栗粉少々を加え、粘りがでるまで練っておきます。

c0126220_1552119.jpg


どうせ、作るなら海老ワンタンもと。
海老も解凍し、夜8時過ぎだというのに仕込みが始まった。

海老は解凍したら、皮を剥き、背ワタを取り、塩、片栗粉少々でもみ洗い。
汚れが取れたら、お水で綺麗に洗いながし、塩少々、片栗粉をまた加え、海老を手でつぶしながら、粘りが出るまで、よ~くもみ込んでいきます。
ここに砂糖、ゴマ油、白胡椒、ラードを加え、味をしみ込ませます。
最後に卵白と片栗粉を加え、混ぜ合わせたら、冷蔵庫で寝かせます。

c0126220_15522174.jpg


海老ワンタンは、真ん中にちょこっと具を入れたら、指でぎゅ~っとしわを寄せて、

c0126220_15523832.jpg



タコさん型に

c0126220_15525861.jpg



お肉の方は、帽子型のワンタン。

c0126220_15531467.jpg


ふぅ、できた、できた! 
これで、冷凍庫に閉まっておけば、いつでも美味しいワンタンが食べられるわい!

が、、、しかし。。。 先日の点心教室のお持ち帰りが、こんなに。

c0126220_15534383.jpg


売れるほど残っておるなぁ。。。
しかたがない。夜食でも食べて少し減らすか。。。


で、蒸した饅頭がこれ!

c0126220_1554748.jpg


蒸したてを包んで来ちゃったので、ちょっと変形しておりますが。
海鮮餡まんと肉まん。
そして、奥の饅頭。
このお饅頭、実は、普通の饅頭ではないんです。
中に小籠包が入っていて、そんじょそこらには売っていないお饅頭!(笑)

知らずに一口食べると、どば~っと、小籠包特有のスープが溢れます。

これは、新食感! うんま~い! 


って。。。。気がつきゃ、もう夜10時です。 

一人で何やっているんだろう・・・私。

とりあえず、一日一中華・・・継続中・・
[PR]
by ashmam | 2010-01-19 15:54 | おうちで多国籍料理

沖縄料理「ぬちぐすい」


香港在住のブロガーさんとオフ会をして来ました。

場所は、浅草 仲見世通りからほど近い沖縄料理のお店「ぬちぐすい」


店の前にはどど~んとシーサーがお出迎え。
階段を上がり、2階に行くとここも棚いっぱいのシーサーが。

木のぬくもりが感じられる店内は、暖かい色の照明が心地よい。

個室といえるほどの広さはないものの 
テーブルごとに仕切られており、ゆっくり落ち着けます。

掘りごたつ風のテーブル席も足が自由でいいなぁ^^

さてさて。ご挨拶もそこそこにまずは乾杯と行きましょうか^^

何でなのでしょうねぇ。ブログで毎日やり取りしているからでしょうか。
不思議と初めてお会いする感じがしないんですね。
久しぶりに会った友達と話をするような感じ。
お互いの近況を報告し合うともう後は次から次へと話がはずみます。

では、早速、お料理紹介。
「お通し」

c0126220_17201486.jpg


お魚のそうめんでしょうか。この出汁が、優しくて美味しい。


「ラフテー」

c0126220_17203245.jpg


もう、とろっとろ。口に入れ他途端お肉がほろほろと崩れていきます。


「スーチーキー(沖縄風ベーコン)」

c0126220_17205198.jpg


塩漬けの豚を干したもの。豚の甘さと皮のこりこりした感じが美味しい。


「ごうやの梅和え」

c0126220_17211269.jpg


ごうやのおひたしを梅肉とあえています。苦くなくさっぱりと。


「島豆腐」

c0126220_17213343.jpg


島豆腐特有のしっかりとしたお豆腐。豆の甘さが噛むほどに感じられて好きだなぁ。


「ドゥルワカシー」

c0126220_1721512.jpg


これ、一番気にいりました! 何て表現をすればいいのでしょうか。
すり潰した里芋の中に島かまぼこ、椎茸などがごろごろ入っています。
お出汁の効いた味付けがまた優しくて美味しいんだなぁ。


「黒糖玉子焼き」

c0126220_17221460.jpg


ふっふっふ。甘~い^^ 


「ポーク玉子」

c0126220_17222648.jpg


これはもう沖縄料理の定番ですね。
でも、このポークはどこのものなのでしょう? 
味がしっかりしていて美味しい。

いやいやいや、2時間半でしょうか。
よく飲み、よく食べましたねぇ^^
[PR]
by ashmam | 2010-01-18 17:22 | 多国籍料理食べ歩き

蜂の巣揚げ(海老と叉焼入りタロイモの変わり揚げ饅頭)



昨日は、料理好きなとある方からご紹介を受けて、料理学校に飛び入り参加させてもらいました。
先生は、上海人の蔡先生。
大好きな中国語を交えて講義が受けられるかなとちょっぴり期待も込めて、行ってみましょうかね。


ここは、方南町の閑静な住宅街にあるとある1軒のお宅。
大きな窓から新春の日差しがいっぱい差し込んで気持ちがいい。
おっと、先生は、意外にお若くて美人ですねぇ^^


早速、お料理開始。
今日、この料理教室に参加した一番のお目当ては、「蜂の巣揚げ」という点心。
まずは、タロイモの皮を剥き、蒸し器で20分蒸していきます。
蒸し上がったタロイモをつぶし、練っておいた浮き粉の生地に混ぜ合わせます。

具は、焼き叉焼と海老。竹の子、干し椎茸などです。醤油、オイスターソース、砂糖、紹興酒等で味付けをしたものをタロイモの皮で包みます。

c0126220_14213152.jpg


ははは。何か形も大きさもバラバラですねぇ。
小さいことは気にしない(爆) 
これを低温の油でじっくり揚げていきます。

c0126220_14214828.jpg


すると、皮がふつふつと浮きあがり、ほら、蜂の巣のようなザラっとした表面になります。

c0126220_14221213.jpg


噛むと上の皮がシャリシャリっと崩れて、タロイモの生地がねっとりと。。。
そして、大振りの具が口の中に広がります。
いや~、美味しい。

一度、作ってみたかったんですが、タロイモってなかなか手に入りませんよね。
八つ頭でも代用できるみたいなので、是非、家でも作ってみようと思います。
なんで、こんな美味しいもの点心で扱っていないのかしら?

それもそのはず、高いんです。タロイモ!

この日は、1個1000円もするものを使用。
これじゃ、1籠300円ぐらいで売ったとしたら原価が高くつきますね。

で、この日のメニューは、海老餃子。

c0126220_14223495.jpg


形が不ぞろいで大きな水晶餃子(笑)
でも、味は抜群に美味しい^^

焼き鴨入り揚げ春巻き

おっと、写真を撮るのを忘れちゃった。
春巻きにテンメンジャンを塗って、鴨、青ネギ、香菜を乗せて巻いています。
おつまみにばっちりの一品。

ピータンとクレソンのお粥。

c0126220_1423799.jpg


あ~、お粥はね。心底美味しい。なんて、優しい味なんでしょ。
台湾産のピータンがまたお粥とあってまったりと。

空心菜の蝦醤炒め

c0126220_14232827.jpg


匂いを嗅ぐと「うっ!」とくる蝦醤(シャージャン=蝦味噌)。
しかし、これで炒めると何とも深い味に。いつもの野菜炒めも一気に高級中華!(爆)

きんもくせいを浮かべた湯圓(黒ゴマ団子)

c0126220_14234871.jpg


白玉の中に黒ゴマの餡が入った団子とご想像ください。
つるんとした食感が満腹なお腹でもするっと入ってしまう中国のスィーツ。
しかし、でっかい!(爆)

いやいや食べましたねぇ。

おっと、2時終了のお教室が既に4時を回っています。
この時間の感覚。大盤振る舞いな料理の数々。
これで、先生、元が取れるのでしょうか?(笑)

いやいやなんとも素敵な料理教室でしたよ。

蔡先生ありがとう!
[PR]
by ashmam | 2010-01-15 14:24 | 料理学校

マオアール(猫の耳)



わ~、やっと晴れてきましたねぇ。
でも、相変わらず外は寒~い。。。。

ashpapaは長岡出張、新潟は吹雪いているようですよ。
私も今月末は長岡。。。 やだなぁ。。。吹雪だと。



さて、さて、話を切り替えて、早速、本日の料理ご紹介。

昨日は、前から作ってみたかった「マオアール」を作ってみました^^

マオアールとは、猫の耳というシェルパスタみたいな麺のことです。

強力粉と薄力粉各100g、水80gで練っていきます。
水分が結構少ないので、根性入れて混ぜていきましょうね!

うぅぅぅ。寒い。
冬になるとこの粉を練る作業も結構、手にきますねぇ。
氷点下になる麺の里 山西省の人たちの苦労がちょっぴり伝わってきます。

さて、さて、生地を常温で40分程度寝かせたら、ちょっと厚めに伸ばしていきます。

伸ばした生地を5㎜角に切っていきましょう。

c0126220_14493975.jpg


小さな四角を親指の腹で押し、そのまま対角線状に潰していきます。

すると 可愛い麺の出来上がり。

c0126220_14495853.jpg


ashpapaもお手伝い。

あっという間にほら、できた!

c0126220_14504976.jpg


これをお湯に放ち、茹でていきます。

c0126220_14511025.jpg


ふわふわっと浮いてきますが、すぐにすくい上げずに5分程度茹でていきます。

フライパンに油を引き、にんにく、生姜、葱のみじん切りを炒め、匂いが経ってきたら、豆板醤を加えます。
炒めることで、豆板醤の良い香りと辛味が引き立ってきますよ。

後は、お好きな具材を火の通りにくいものから加え、炒めましょう。

醤油、オイスター、黒酢で味付けしていきます。

最後にマオアールを加え、ざっと味をなじませたら完成です^^

c0126220_14514287.jpg


それでは、初挑戦のマオアール! 一口食べてみましょう。

もぐもぐもぐ。。。。もぐもぐもぐ。。。

うん、つるんとして、薄いところはチュルンと、そして、厚みのあるところは、歯ごたえがもちっと、しっかりとして、不思議な麺ですねぇ。

見た目よりもお腹にずっしりする感じ。

が、しかし。。。。 

作ってはみたものの、本物のマオアールというものを食べたことがない!

料理本によれば、厚みも食感も味わいも触れていないんですよね。

果たしてこれで、いいんじゃろうか? 

ちょっと、疑問も湧くが、これはこれで良しとするか!(爆)
本物のマオアールを食べたことがある方、実際はどんなものか教えてください!
[PR]
by ashmam | 2010-01-13 14:53 | おうちで多国籍料理

中華街で調査!

・・・・と、いうことで、中華街の本物の肉まんを調査しに行きました。

お~、これが本物の肉まんかぁ!

c0126220_17113342.jpg


随分、皮を厚くするんですねぇ。

ほらほら、買ってきましたよぉ。

c0126220_16574927.jpg


熱々、美味しそうですねぇ。

c0126220_1658747.jpg


中身はこんな感じ。


やっぱり、そこもふっくらしていないとダメなんだよなぁ。
よぉ~し、分かった。 次回は厚くするぞぉ。


さて、この後、しゅうまいなどを買い喰いしながら、ぶらぶらしていると
こんなものが目に止まりました。

c0126220_1774363.jpg


これは、ちょっと食べてみなくっちゃね。

店内に入ると。。。けほ。


けほけほけほ。。。。

何やらむせる匂い。。。
テーブルの飾りは。。。

c0126220_1781732.jpg


唐辛子。
そして、このむせる匂いも 唐辛子だぁ~!

来ました、来ました。 牛肉麺!

c0126220_1784778.jpg


おおぶりのお肉もごろごろ。

手打ち麺なのかしら? 太さがまばらな麺です。

味は、思ったほど辛くはないですが、このスープ! 美味しい^^

そして、こちらは「紅油抄手」。

c0126220_1791866.jpg


こっちはね。辛味が結構きますよぉ。
あ~、、、でも、美味しい。


こんな調査ならいつでも来てもいいなぁ^^
[PR]
by ashmam | 2010-01-12 17:12 | 多国籍料理食べ歩き

初めての肉まん



ご無沙汰してしまいましたぁ~!
Ashmamaです。年明けから、ずぅ~っと、1日1中華!
相変わらず、続けていますよ(笑)

サボっている間に記事が溜まってしまいましたので、ぼちぼち始めようかなぁ。

さて、この間、初めて「肉まん」を作りました。

皆さん、勘違いをされているようなので、言っておきますが、
実は、料理をし始めたのは、そんなに前じゃないんです。
だから、初めての挑戦っていうのは、結構あるんです(笑)

「生煎包」や「小籠包」は作ったことがありますが、「肉まん」は初めて。
粉の配合も作り方も違うんですよ^^

まずは、粉を用意しましょう^^ 
コネコネして、ま~るくまとめたら。。。寝かしますねぇ。
ここら辺の工程はすっかり抜かして、ほら、一次発酵!(早っ!)

c0126220_114673.jpg


そして、種を包んで、

c0126220_1147565.jpg


蒸しま~す!

じゃない、じゃない。ここで、二次発酵だった!

c0126220_11462258.jpg


そして、蒸し器で15分!

c0126220_11463977.jpg


できあがりぃ~!

c0126220_11474175.jpg


わ~、初めてにしては、いい感じ。
皮はふっかふか。餡もジューシーで美味しいですよ。
丸秘の調味料を使っていますからね。味も奥深い!

が、、、切るとぉ。。。う~ん。。。底が薄すぎたなぁ。。。。

c0126220_1148388.jpg


包む時に底は厚くしたんだけど、寝かせている間につぶれちゃったのかな?

まだまだだなぁ。
と、いうことで、あるところに調査に行くことに(続く)
[PR]
by ashmam | 2010-01-11 11:48 | おうちで多国籍料理

八賓蝦飯

おはようございます^^

昨日から仕事始めという方も多いと思います。
また、いつものような生活に戻っていかれるみなさん、今年もがんばりましょう!


さて、そろそろ、お節にも飽きたんじゃないんですか?

うちは飽きませんよぉ! 何故って? 

お節作ってないも~ん!(笑)


代わりに、「八賓蝦飯」を作りました。
八賓蝦飯とは、要は中華おこわのこと。

具はなんでも構わないと思いますが、中華風に賽の目状に切ってください。
具材を炒めるときは、ゴマ油が手頃ですが、今日はネギ油から作ってみました。

c0126220_1174825.jpg


油の中に、こんな風にネギの青い部分と生姜を入れ、ゆっくりと香りが移るまで、熱しておきましょう。ゴマ油じゃきつすぎるなんていう時に使うといいですよ。


さて、作りましょうね。

ネギ油ができたら、フライパンに多めに入れ、中に入れる材料を炒めていきます。
味付けは、酒、醤油 大さじ1、塩小さじ1。
全体にからめたら、水切りをしておいたもち米3カップを入れ、炒めていきます。
鶏がらスープ 1/2杯を加え、お米の色が透けてきたら、OKです。

後は、蒸籠に移し、蒸し上げるだけ。

c0126220_118443.jpg


ちょっと華やかに蟹を乗せたら完成です。

c0126220_1182113.jpg


スープも添えて。

実は、別のブログで、一日一中華を宣言しちゃったもので、
元旦から今現在まで、毎日、一品は必ず中華を作り続けています^^

元旦は中華おこわに中華蒸しケーキ。
2日は皮から手作りのワンタン
3日は撥魚に中華風煮物、トンポーロー
4日は点心(ニラ饅頭、小籠包、焼売) 割包
5日の朝は割包の残りと中華スープと ほらほら、結構、頑張っているでしょ?

これらの記事はおいおいと。

今日の夜は、何を作ろうかなぁ。 

 
[PR]
by ashmam | 2010-01-05 11:09 | おうちで多国籍料理

今年もいいことありますように。



元旦。 

ashpapaと娘夫婦は、国立競技場にサッカーを見に行きました。


私は。。。。 お留守番。

「お昼はこれでも食べていてねぇ」と買ってきてくれたサンドイッチ。

c0126220_1735233.jpg


一人の~んびり つまんでいます^^

ぽかぽかとした静かな元日の昼でした。
[PR]
by ashmam | 2010-01-02 17:36



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧