ashmama の 多国籍食堂

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

たまご麺のお菓子 サーチーマー(沙其瑪=中華おこし)を作ろう! 

ふぅ。。。。

また、また、ご無沙汰しちゃいましたね。

4月は、本業が忙しくって、やっと、終わったと思ったら、嬉しい受注がありまして。
せっせこ、せっせこ、毎日、点心作りに明け暮れていました。

それも今日で解放されまして、どうやらこうやらブログに復帰です。へへへ。
また、宜しくお願い致します。


さて、今日は、ashmamaにとっては、珍しいお菓子作り。
何しろ、飲兵衛ですからね。
つまみは作るがお菓子にはまったく興味がない!
のに、作るっていうのは、相当気にいっているからなのだ!


まずは、卵麺をつくりましょ!←って、結局、粉ものぉ(爆)


卵麺の作り方。

ボールに強力粉200g、ベーキングパウダー小さじ1、卵1個を割りほぐして入れます。
水20ccを加えて撹拌します。
撹拌した生地を台に取り、よくこねます。
ラップをして10分寝かせましょう。

寝かせた生地はとっても柔らかいので、扱いやすいように打ち粉をし、麺棒で四角に伸ばしていきます。伸ばした生地を細く切り、生地がくっつかないよう打ち粉をして、よくほぐしておきましょう。


油を160度に熱したら、麺を少しずつ入れて、色がつく程度に揚げていきます。

c0126220_1982339.jpg


はい、こんな感じ。

c0126220_1984119.jpg



次に糖水を作ります。

ボールに水あめ150g、蜂蜜15g、水40ccを入れ、中火で加熱していきます。
焦げ易いので、注意しながら、木杓子ですくって糸が引くくらいに煮詰めていきます。

別のボールに揚げた麺、レーズン、ごまを入れざっくり混ぜ合わせ、その上から少量ずつ、煮詰めた水あめを流していきます。
すぐに固まってしまうので、大急ぎでかき混ぜましょう。

さらだ油をぬった型に入れ、手の平で押しながら平らにしていきます。

c0126220_1985664.jpg


麺をつぶし過ぎないようにしましょう。

冷えてかたまったら、好みの大きさに切って、盛りつけます。

ほら、断面はこんな感じ。

c0126220_19102378.jpg



はい、サーチーマーの出来上がり♪

甘さは控えめ、さくさくっとして、美味しいですよ^^

ご興味のある方は、是非、作ってみてね。
[PR]
by ashmam | 2010-04-28 19:13 | おうちで多国籍料理

ベンガル風豆と玉葱のスープ


今日は、スパイスたっぷりの料理に挑戦します。

まずは、ベンガル風お豆と玉葱のスープから。

ご用意頂くのは、ダール1カップ。
玉葱のみじん切り 1/2、ベイリーフ2~3枚、クローブ5本。
パンチフォーレン(マスタードシード・フェヌグリークシード・ヘンネルシード・ニジェッラ・クミンシード各小さじ1/2)
チリパウダー小さじ1/2、生姜みじん切り小さじ1、グリーンチリ2本、ターメリックパウダー小さじ1/2、サラダ油小さじ2、塩少々です。

①ダール豆を洗って、10分ほど水に下しておきます。玉葱はみじん切りに。
②豆の水を切って、鍋に入れ、玉葱を加え、水3カップを注ぎます。
ベイリーフとクローブを入れ、15分程度煮ていきましょう。
④別鍋に油を温め、パンチフォーレンのスパイスを全部入れて弱火にかけ、香りが出たら、チリパウダー、生姜、それに縦に切ったグリーンチリを加えます。
⑤ ②とターメリックパウダー、キチンスープを加え、好みの濃さにし、煮立ったら5分程度煮込んで塩で味を調えます。ベイリーフとクローブは取り除いてください。

パンチフォーレンとは、5つのシードスパイスから成り立ち、ベンガル料理(バングラデシュ)に広く使われているものだそうです。

スパイスを合わせてことこと煮込んだお豆さんのスープが出来上がりました。

この日の料理はこんな感じ。

c0126220_1550737.jpg


真ん中にあるのが、ベンガル風の豆のスープ。

そして、手前から 手作りのプーリー。
全粒粉を練り、大判の餃子の皮ぐらいに伸ばし、油で揚げたもの。

左じゃがいものサブジ。


ターメリック、コリアンダー、マスターシード、チリパウダー、ガラムマサラなどのスパイスが利いた激辛インド風じゃがいも炒め!(笑)
ビールが進む、進むぅ(笑)


奥がミニサモサ。


そして、その隣が、茄子を合わせたキーマカレー。

茄子の輪切りを油で炒め、キーマカレーと合わせました。





で、本日、一押しのお菓子がこれ!

「soan papadi」
c0126220_15502363.jpg


中はこんな感じ。

c0126220_15503779.jpg


ピスタチオやカルダモンが入っています。

お菓子にカルダモンなんて、考えられな~~~い! と、お思いでしょうが、
これが、甘いお菓子をさっぱり味に変えてしまう秘密なんです。

c0126220_15504919.jpg


ガラス細工のようにもろく、気をつけて持たないと砕けてしまうはかなさ。
口に入れると、さ~っと溶けてしまう不思議な、不思議なお菓子です。

これが、また、辛いカレーを食べた後にむちゃくちゃ合うんですよ!
インド食材店がお近くにある方、是非、探して食べてみてね。
凄く美味しいんだから!

また、この製法をお知りの方! 是非、ashmamaにご一報ください。
 ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ どうやって作るのぉ! 知りたい!

と、言うことで、最後は一人でわめき散らしておりますが、お菓子の情報是非お待ちしております(笑)
[PR]
by ashmam | 2010-04-04 15:53 | おうちで多国籍料理



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧