ashmama の 多国籍食堂

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

爽やかな豆のスープカレー ダル・ラッサムを作ろう!



今日は、ダル・ラッサムを作りましょ。

いわゆるスープ状の豆のカレーです。


まずは、お豆を良く洗い、水に浸しておきます。

c0126220_955791.jpg



次にカップ1と1/2ぐらいの水でポタージュのようになるまで煮ていきます。

c0126220_961042.jpg


別鍋にトマトの水煮1カップ、水1カップを加えます。にんにくのみじん切り1片、塩、チリペッパー各小さじ1、ターメリック小さじ1/4、を入れ、かきまぜておきます。

次に深めの鍋にサラダ油小さじ2をいれ中火にし、油が温まったら、青唐辛子1本、マスタード、クミンシード各小さじ1、カレーリーフ一つまみ、ヒング3振り程度を加えます。

c0126220_962996.jpg


このヒングというスパイス。
別名「生乾きの靴下」と呼ばれているそうですが、直接、嗅ぐと思わずうっという声がでます。樹木のエキスを樹脂化させたもので、インドでは、お腹の張りや気管支炎の薬にも処方されているそうですよ。

さて、マスタードシードがパチパチと弾け、いい香りがしたら、トマトの鍋に入れます。

c0126220_964660.jpg


中火で煮立ってきたら、水カップ3を加え、火を少し補足して、蓋をして15分程度煮込んでいきます。ふきこぼれないように注意してね。
15分立ったら、クミンシード・ブラックペッパー小さじ1とボタージュ状になった豆を加え、弱火で更に5分程度煮込んでいきます。味見をし、塩加減を調整したら完成です。

はい、「ラッサム」のできあがり。

c0126220_97254.jpg



コリアンダー・リーフを乗せて、頂きます。

こちらは、煮ている間に作ったシシカバブ。

c0126220_972283.jpg


これまた、スパイスが利いていて美味しいの♪

で、問題のラッサムですが、長粒米を加えて、煮込んでいくと。

c0126220_973921.jpg



ほら、美味しそうなリゾットに。

c0126220_975666.jpg


我が家では、カレーの伝道師渡辺先生に習って、これを「ラッサム茶漬け」と呼ばせて頂いております(笑)

豆の優しい甘さと食べ続けるうちにじわじわっと襲ってくる辛さ。
額からす~っと、汗が流れてきて、爽やかな味わいです。


どうですか?

あなたも本格的なミールス、作ってみてはいかがでしょう?
[PR]
by ashmam | 2010-05-31 09:08 | おうちで多国籍料理

トムカーガイ(チキンココナツスープ)



昨日は、先日のフルーツカービングに引き続き、
「タイ教育・文化センター」で行われている料理教室体験講座に出かけました。
働いている方が出席しやすいように、19:00~21:00と夜に行われます。

夜の錦糸町。
昼間とはまた違った顔ですねぇ。
何かドキドキしちゃう(爆)

黒服の呼び込みやもくもくと煙のあがるもつ焼き屋さんなどを横目に見ながら、
センターへと向かいます。

今日の参加者は15人。

まずは、先生から一通りの食材の説明、レクチャーを受けたあと
各チームに分かれてお料理開始です。

今日のメニューは「トムカーガイ」♪

トムヤムクン同様、タイを代表するスープのひとつです。
違いは、カー(ナンキョウ)を使っているかいないかのこと。

ふ~ん、そうだったんだ。

では、早速、お料理開始。
材料は既に人数分テーブルの上に用意してあります。

c0126220_13154068.jpg




お鍋にスープストック、ココナッツミルクを入れ、中火で温めていきます。

c0126220_13155567.jpg


鍋の周りがふつふつとしたら、薄切りにしたカー、レモングラスを加えます。
いい香りが立って来て、カーとレモングラスの味がスープに移ったら、
薄切りにした鶏肉、塩、プリッキーヌーを加えます。
ほんのり鶏肉に火が入り始めたら、ふくろたけ(この日はしめじで代用)を入れます。

c0126220_1316952.jpg


鶏肉に火が通ったら、ナムプラー、コブミカンの葉を入れ、火を止めます。

ライムのしぼり汁をいれ、盛り付け、パクチーを散らして、はい、完成です。

できたぁ~♪ 

c0126220_13163223.jpg


簡単ですねぇ。しかも、早い♪

どれどれ~、一口。

う~ん、美味しい♪ 


この日は、ご飯も用意されて、

c0126220_1316533.jpg


スープごはんです。

ちょっとさみしいけれど、お持ち帰りもできてこれで1000円なら、安いですよね。

ちなみに先生はタイの大学からいらしたダー先生。
笑顔のかわいい先生です。

c0126220_1317972.jpg


日本語はまったく分からないので、通訳兼アシスタントさんがついています。
この方もかわいい方でしたよ。
タイ語がべらべらでカッコイイ!

そして、こちらが先生の作。

c0126220_13172535.jpg


綺麗に盛りつけられていますね。


夕飯ついでに料理を習う! 案外イケますよ。
ご興味のある方は是非、覗いてみてね^^
[PR]
by ashmam | 2010-05-28 13:17 | 料理学校

二八蕎麦とフルーツカービング



最近、新たに始めたものがあります。

それは、二八蕎麦、蕎麦打ちですね。
向かった先は、家の近くにある「手打ち蕎麦さろん遊蕎庵」さん。
江戸ソバリエ、信州ソバリエの庵主にご指導賜ります。

修業1日目。
教室に入るとぷ~んとアーモンドのような蕎麦粉のいい香り。
先生に言われるがまま、練って、打って、切って。 

初めて知った蕎麦粉の魅力。

小麦粉100%とも違い、蕎麦粉って、なんて繊細なのでしょう。

とは言え、当然、写真など撮る暇もなく、あっけなく終了(笑)
庵主曰く、「左手のリハビリを行ってね!」とのこと(TT

左右の手を交互に素早く、円を描いて捏ねていくんですが、
左手が言うことを利かない(爆) 

平泳ぎが出来ないから仕方がない気がするだけどねぇ(笑)


で、これが、初手打蕎麦のお持ち帰り。

c0126220_16352167.jpg



打ち立ての蕎麦は、やはり違います。

c0126220_1636886.jpg


喉越しツルンと♪ 蕎麦はそれほど好きじゃないんですが、これは、イケるかも♪
お持ち帰り用にくれる蕎麦汁も鰹の匂いがして、美味しい。

それよりも蕎麦湯の味が、お店とは格段に違うのには驚きました。
おいしいなぁって、飲む蕎麦湯は初めてでしたね。


そして、お次は、フルーツカービング。
向かった先は、錦糸町。

ここは、以前、タイ料理レストラン「ゲウチャイ」があった場所です。
日タイ修好120周年を機にタイ文化の紹介・普及を目的として、設立されられました。
センターでは、タイ語を始め、料理、カービング、舞踏、マッサージなどの教室が開かれています。

先生は、2002年 タイシェフ協会主催、The 8th Culinary Gathering of Cooks & Chefs 2002にてFruit & Vegetable Carving on Stage部門金賞受賞者。
お~~~! 凄い、ぱちぱちぱちぃ!

気さくで明るい方ですよ。
カービング中にも一生懸命話しかけてくれるんですが、
正直うるさい(爆)

熱中していると何だか質問に答えるのも億劫で(笑)
先生、そんな器用じゃないんで、構わないでぇ~~(笑)


今日の体験者は私を含めて、4人。
うち一人はすでに石鹸のカービングを体験済み。

テーブルの上には、ナイフと塩水の入ったボウル。
カービングのナイフってこうなっているんだぁ。

c0126220_1636454.jpg


と言うのは、間違いでした。
左の筆のようになっているところで、削るんだと思っていましたら、
右のブルーのカバーを外すと刃がでてきました。
彫刻刀なんて握るのは、高校以来なかったんじゃない?
ちょっと、どきどき。

この日は、りんごでカービングを行っていきます。

500円の体験コースにりんごが2個。
この季節、りんごも高いので、お値打ちな教室ですねぇ(笑)

まずは、りんごの表面にハートの型の型紙を水でぬらしてはりつけ、型にそって、ナイフで切り込んでいきます。

その次に切り込みを入れた周りを刃先を斜めにして、輪郭をカットしていきます。
カットされた周囲をぎざぎざになるように更に掘り進めます。

サクサクサク。。。小気味よいナイフの音。

おしゃべりもせず、りんごに集中します。

ほっほ~い! 完成。



どうでしょうか?

c0126220_1637736.jpg


うまいんだか、下手なんだか分かりませんが(爆)

c0126220_16373563.jpg


こんな感じに仕上がりました。

体験コースは説明も含め2時間。
なんだか、あっという間に終わってしまいましたね。
楽しかったです^^

カービング教室では、体験コースを始め、入門、初級、中級、上級まで。
カービングって何さ? というレベルの人から、
芸術の域に達しそうな本格的なカービングまで習えちゃいますよ。

ご興味のある方は覗いてみてはいかがですか?

タイ教育・文化センター
住所:東京都墨田区江東橋1-11-9 PKサイアムビル
電話:03-3634-9993
[PR]
by ashmam | 2010-05-26 16:38 | 料理学校

カレーパンは簡単じゃない(TT



粉もの大好きashmamaですが、実は、パン作りには手を出していなかったんです。

が、突然、カレーパンが食べたくなったので、作ってしまえ~ってことになりました。

確か本棚にパンの作り方のっていたよなぁ。
あった、あった!
「超かんたんてづくりパンと中華まん(藤井 恵著)」
これを参考にして作ってみよっと!

どれどれ~

作り方
A)ボウルに強力粉200g、ドライイースト大さじ1/2、砂糖小さじ1/2を合わせ、ふるっておきます。
B)溶き卵1個分、サラダ油大さじ1を計量カップに入れ、全体量が130gになるように水を加えます。
AにBを少しずつ加え、よく混ぜ合わせます。ボウルの中でこねながら、ひとまとめにしたら、打ち粉をした台に取りだします。

手のひらの付け根に体重を乗せてよ~く、こねていきましょう。

ときどき、生地を台にたたきつけるように。
バシ~ン、バシ~ンと景気よく(笑)

こうすることでグルテンが出やすくなるらしいんだが。。。
凄い音だねぇ。近所中に響きますよ(笑)

なんだか、夫婦喧嘩に間違えられそうだなぁ(爆)


生地を両手で伸ばし、向こう側が透けてみえるぐらいになったらこね上がり!
って、なかなかこれが、いかないのよぉ~。
10分以上、根気よくねって、ねって、ねって、ねってぇ~~~。

ふぅ。。。。

まるく整えて、内側に薄く油を塗ったボウルの中に入れ、ラップをかけて30分程度寝かせます。

生地が2倍くらいにふくらんだら、拳で1回叩いてガス抜きをします。

c0126220_1085973.jpg


ドスッ!

ふっふっふ。これは、快感~(爆)



打ち粉をした台に取りだし、棒状に伸ばし、6等分にします。
軽くまるめ、かたく絞ったぬれ布巾をかけて、10分程度休ませます。

c0126220_1083266.jpg


軽くガス抜きをし、直径10㎝くらいの円形に伸ばします。

c0126220_1091497.jpg


カレーをのせて、半円形にとじます。

c0126220_1092981.jpg


牛乳にくぐらせ、パン粉をつけ、綴じ目を下にして、しばらく寝かせます。

c0126220_1094730.jpg


低めの油でじっくり揚げれば、ほい、完成!

c0126220_1010317.jpg


・・・・って、全然、超かんたんじゃないじゃん!

時間がなくても大丈夫! って、こりゃあ、時間かかり過ぎだよぉ。

普通のカレーパン作りとどこが簡単になっているわけ????




で、こちらが冷めてから切ったカレーパン。

c0126220_10105589.jpg



初めてにしては上手にできているでしょう?

でもね、やっぱり、パンは手間がかかるなぁ。

粉もの好きでも当分パン作りはお預けにしておこうっと!
[PR]
by ashmam | 2010-05-25 10:11 | おうちで多国籍料理

南インドの香り

先週の土曜日、都内某所のスタジオにお邪魔して、カレー指南を受けていました。

南インドカレーと言えばこの方! というほどのカレー界の重鎮。

その素顔は、知的で穏やかな方でしたね。
そんな巨匠の手ほどきを受けて、素敵なキッチンから次々に生み出される魔法のカレー。

部屋中に漂うカレーの香り♪

で、先生のお手製のカレーをお持ち帰り。

野菜のココナッツ・マサラ

c0126220_16584731.jpg



チキン・マサラ

c0126220_16581550.jpg



ライタ

c0126220_16591551.jpg


レモン・ラッサム

c0126220_16594182.jpg



レモンライス

c0126220_1701135.jpg


まるで、家の食卓がレストランのよう。



一番のお気に入りは、チキン・マサラ。
今まで食べたチキン・カレーの中で一番かもしれない!

あ~、なんて、美味しいんだろう♪


カレーの香りに包まれて、幸せな時間が過ぎていきました。

翌日は、早速自宅で、チキン・マサラのおさらいです。



う~ん、しかし、何かが違う。

スパイスが古かったのか。。。弾ける感じが今一つ。

やっぱり、カレーの巨匠は、巨匠なりの腕があるんですねぇ。しごく納得!
[PR]
by ashmam | 2010-05-18 17:03 | おうちで多国籍料理

油飯(ユープン)を作ろう!



今日は、茹で豚の残りを使って、油飯を作ります。

何故、茹で豚の残りなのかっていうと、こんなものを作っていたからですね。


麻辣冷麺。

c0126220_1363439.jpg


先日の記事のブロガーさんのお宅に、どんな味の麺を持っていったらいいか、試験的に作ったもの。

でも、肉みそをかけた方が美味しかったので、茹で豚が残っちゃったってわけ。

そこで、これを使って、油飯を作ろうってことになったんだなぁ。

c0126220_1365558.jpg


ほらほら、台湾で売っているのは、こんな感じの餡かけおこわ。


本来は長粒のもち米を具材と炒め、蒸して作りますが、今日は、普通のお米で。
しかも炊飯ジャーで簡単に作っちゃいましょう。

お米は2合。
調味料は、甘口醤油大さじ2、五香粉、シナモン、砂糖少々、塩小さじ1/2、紅葱油大さじ1、干し蝦大さじ1、豚の茹で汁200CC、干し椎茸の戻し汁を入れます。
いつもの水の分量まで水を注いだら、スイッチポン!

炊きあがるうちに何だか台湾屋台の妖しいか・ほ・り(爆)

続いて、上にかけるタレを作ります。

油を引いたフライパンでニンニク(みじん切り)小さじ1/4を炒めます。
香りがでてきたら、茹で豚、干し椎茸(戻して千切り)を加え、軽く炒めていきます。
そこに水(もしくは豚の茹で汁)大さじ4、甘口醤油大さじ4、塩少々で味付けし、コーンスターチでとろみをつけます。

おっと、ご飯が炊けたようですねぇ。

c0126220_1374844.jpg


お茶碗に盛って、タレをかけたら、簡単、油飯の出来上がり。

c0126220_138319.jpg


一口食べると。。。。。


旨~~~~い!!! 

素朴なんだけど、素材の味が引き出されていて、美味しいんです。
ご飯をかみしめると 思わず 幸せを感じちゃう味。
↑ って、なんて小さな幸せなんだぁ(笑)


台湾風オムレツを添えれば、気分はもう台湾。

c0126220_1381918.jpg


実は、この中身、切干大根とこれまた残り物の肉みそが入っているの。

今日は、残り物料理づくしだね ( ●≧艸≦)

ゴールデンウィークでお金を使い果たしちゃった人にお薦めかな。


でも、味は、無茶苦茶 美味しいよぉ。
[PR]
by ashmam | 2010-05-10 13:10 | おうちで多国籍料理

多国籍料理で、オフ会♪



ゴールデンウィーク中盤、ブロガーのちばちゃんさんからお誘いがあり、喜び勇んで、オフ会に出かけてきました。

会場は、ちばちゃんさんのご自宅。

広々として、綺麗ですねぇ。

眼下に広がる街並み。
通り抜ける風が気持ちいいです。
いいなぁ、新婚さんは(●≧艸≦)

キッチンでは、すっぴんのちばちゃんさんが料理の真っ最中。
ご主人様は机に向かってお仕事です。

すみませんねぇ。早く、来すぎちゃったぁ。


そうこうしているうちにお酒が並び、

c0126220_13174565.jpg


ちばちゃんさん、お手製の漬物達も綺麗に勢ぞろい。

c0126220_13182769.jpg



こちらは、南欧料理「プチトマトのマリネ」

c0126220_13185899.jpg


酸味もビシッと決まって、旨いんだなぁ、これが。


料理に続いて他のブロガーさんも登場してきました。
「どうも、どうも、こんにちは」の挨拶をしていると、
キッチンからまたしてもいい匂いが漂ってきました。


うぉぉ、イタリア料理「トリッパのトマト煮込み」ですね。

c0126220_13191758.jpg


我が家でもトリッパが手に入った時に作りますが、ashpapa大好物の一品。
勿論、うまうまぁ~~  v(=∩_∩=)ブイブイ!!


これは、、、沖縄料理で良いのでしょうか。
「なんこつの煮込み」

c0126220_13194510.jpg


泡盛と黒糖だったかな? 
じっくり煮込んだなんこつは、口に入れただけでとろとろ
なんこつは、初めて食べましたが、無茶苦茶、美味しかったぁ~。


インド料理からは、ash家持参の「サモサ」。

c0126220_13202621.jpg


本格的なレシピで作っています。
味は申し分ないかと。。。(笑)


タイ料理「ヤムウンセン」

c0126220_13204328.jpg


白木耳が美しいですね。味は間違いなし!
ちばちゃんさんは、お料理上手です!


続いて、スペイン料理から「マッシュルームのオイル焼き アンチョビガーリック風味」

c0126220_13214051.jpg

勝手に国名と料理名を付けていますが、違った場合はお許しを(笑)

これも文句なしに美味しいでしょ! 
アンチョビとガーリックが利いたオイルをフランスパンにつけて。。。
ひゃっはっはっは、堪りません!


ここら辺で、働きづめだったちばちゃんさんの休憩を兼ねて。
キッチンをお借りして、ashmamaがちょこっと調理します。
四川料理から「肉醤涼麺」。

c0126220_13215538.jpg


豚を煮込んだスープが隠し味。
花椒油が利いて、びりりッとします。


麺を食べているとキッチンからゴンゴンゴンと叩く音が。。。。

来ましたぁ~!! タイ料理代表! 激辛「ソムタム」!(爆)

c0126220_13222293.jpg



正確には貴州料理なのかな。
台湾でもポピュラーな「干し豆腐のあえ物」。

c0126220_13224525.jpg


干し豆腐の食感が美味しい一品です。

そうこうしているうちにまたしてもキッチンから良い香りが。。。クンクンクン。


でも、ここで、そろそろash家は用事があって退散せねばなりません。
名残惜しい気持ちで、一杯ですが、お先に失礼致しますということに相成りました。

結局、お昼から始まったオフ会は、何と夜の11時過ぎまで行われたそうな。

凄いよねぇ。


お料理は全て美味しかったです。

いかがです? こんなオフ会ならいつでも呼ばれてみたいですよね。
[PR]
by ashmam | 2010-05-09 13:24 | おうちで多国籍料理

サモサを作ろう!



今日は、先日、ちばちゃんさんのオフ会に持って行った、
サモサの作り方をご紹介しましょう。



それでは、具の準備から。

まずは、じゃがいも400gを皮を剥き、適当な大きさに切っておきます。

c0126220_14203149.jpg


耐熱皿に水を少量入れ、電子レンジでチン!
茹であがったら、軽く潰しておきましょう。

鍋に油を入れ、クミンを投入。

c0126220_14205819.jpg


プチプチとはじけてきたら、みじん切りの玉葱(200g)と生姜(1かけ)を炒めます。

香りが立ってきたら、ターメリックを加え軽く混ぜ合わせます。

玉葱がほんのり色づいてきたら、潰しておいたジャガイモを加えます。

そこにレッドペッパー、塩、ガラムマサラを加え、全体をよく混ぜて、火から下ろします。

仕上げにマーガリンとレモン汁で風味をつけます。

これで、具の完成です。


お次は皮を作っていきましょう。

小麦粉(強力粉)200gに塩小さじ1/2、アジョワン小さじ2/3を混ぜておきます。

ここにサラダ油大3を加え、よく混ぜていきます。

全体的に油が混じり、ぽろぽろになったら、熱湯をカップ1/2程度、2~3回に分けて加え、捏ねていきます。

c0126220_1421273.jpg



捏ね上がった生地をラップで包み、30分寝かせます。

これで、生地の完成です。

生地を棒状に伸ばし、8等分にします。

楕円形に伸ばしたら、2等分にします。

切り口を重ね合わせ、袋状にします。

具を包み、半円形の生地でふたをします。


これを揚げたら、本格サモサの出来上がり。

c0126220_14221833.jpg


出来上がりは、もう、最高。

部屋中に広がる素敵なインドのか・ほ・り♪


チャイと一緒に是非召し上がれ。
[PR]
by ashmam | 2010-05-07 14:23 | おうちで多国籍料理

栄養三明治(インヤンサンミンツー=台湾風揚げサンドイッチ)を作ろう!


ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。

ゴールデンウィーク中は、MAーRUに始まり、全部で3回、オフ会をやっていました。
その記事は追々。

しかしなんですね。
不景気だとはいいながら、海外に出かけられた方も多いんでしょうね。
hiroさんが静かですが、まさか。。。。?


私の周りでも台湾だ、オーストラリアだ、上海だとあっちこっちに飛び回っています。
実に羨ましい。




さて、今日は、屋台でお馴染みの台湾風揚げサンドイッチ、栄養三明治を作ります。


まず、パンの材料から。

ドライイースト大さじ1/2を水145ccでよく溶いて置きます。
ボールにふるいにかけた強力粉250gを用意します。
ここに 砂糖30g、塩小さじ1/2、卵1/2個、溶いたイーストを加え、混ぜ合わせていきます。

c0126220_14405522.jpg


ざっくりと混ぜ合わせたら、台に取り、手の平で押すように、よく捏ねていきます。

常温に戻したバター25gを加え、更によく捏ねていきます。

c0126220_14403447.jpg


生地がなめらかになるまでよく捏ねたら、ボールに戻し、上にラップをして30分寝かせましょう。

c0126220_14411285.jpg


生地の大きさが2倍に膨らみ、指で突いても穴がそのままなら、発酵完了です。

約60gずつに分割して、丸めて置きます。

c0126220_14412897.jpg


上からラップをかけ、またまた10分程度寝かせます。

休ませた丸い生地を麺棒で伸ばし、端から巻いていきます。

周りにパン粉を付け、更に10分発酵させます。

発酵させた生地を中火できつね色になるまで、揚げていきます。

冷めたら、お好みの材料をはさみ、頂きます。

台湾で売られている栄養三明治の基本の具は、ハム、胡瓜、トマト、そして煮卵。
甘いマヨネーズがポイントです。
今日は、普通のマヨネーズを使いました。

c0126220_14415162.jpg



酸辣湯を添えて。はい、召し上がれ。

c0126220_1442522.jpg


うまうまですよぉ♪

・・・・てなこと、言ってないで。

本場の栄養三明治を食べに行きたぁ~~~~~い!
[PR]
by ashmam | 2010-05-06 14:43 | おうちで多国籍料理

水煎包を作ろう!



ゴールデンウィーク初日。
新橋のMA-RUで、フードアナリストの燦子さんのお茶会が開かれました。

光栄にも、ashmamaの点心をご採用頂き、当日はお手伝いに繰り出しました。

c0126220_1644129.jpg


この日は、全7品。

蝦餃子

小籠包

焼売

春巻き

水煎包

薩其瑪(サーチーマー)

驢打滾(リョイダーグゥアン)



でも、その前に練習、練習。

今日は、水煎包を作ります。

具の用意。
千切りのキャベツ300gに砂糖大さじ1、塩小さじ1と1/2を加えて混ぜ、水分を絞ります。
そこへ、豚を叩いてひき肉にしたもの250g、干し蝦(ぬるま湯でもどしておく)10g、葱(みじん切り)30g、ごま油小さじ1を加え、混ぜ合わせておきます。
このままでは、ちょっと味が薄いので、油膏を大さじ2を加え、冷蔵庫で2時間寝かせておきます。
これで、具の準備ができました。

c0126220_1647878.jpg


水煎包の皮。
ボールに薄力粉200g、砂糖大1、ドライイースト小さじ1、塩ひとつまみを入れ、軽く混ぜ合わせておきます。

c0126220_16472219.jpg


そこへ、水80ccを3回に分けて注ぎ、混ぜていきます。

c0126220_1647359.jpg


全部の水を入れた状態は、こんな感じ。ボロボロですね。

c0126220_16475020.jpg


台に取り、なめらかになるようにこねていきます。

再び、ボールに入れ、ラップをして一次発酵。
約2倍に膨らみ、中央を指で突いてみて、穴がそのままなら発酵完了。

c0126220_1648640.jpg


打ち粉をした台に生地を取りだし、棒状に伸ばしたら、28gずつに分割して、丸めておきます。
手の平でつぶし、8センチ程度の円に伸ばします。
餡を乗せ、鳥籠型に包んでいきます。上にごまを散らします。

フライパンにサラダ油をひき、並べて置いたら30分程度寝かせて2次発酵させます。

c0126220_16481930.jpg


二次発酵がすんだら、フライパンを熱し、そのまま1分程度加熱し底に焼き色をつけます。
糊水(粉1:水10の割合いで溶いたもの)を包子の高さの半分(約150cc)を注ぎ、蓋をして、水分がなくなるまで焼きます。

c0126220_16484212.jpg


はい、水煎包の完成です。

c0126220_164902.jpg



冷めたら、蒸し直して食べてもOK。
揚げても美味しいですよ。

台湾の街角でよく見るおやつです。
どうです? あなたも作ってみませんか?
[PR]
by ashmam | 2010-05-01 16:49 | おうちで多国籍料理



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧