ashmama の 多国籍食堂

タグ:タイ料理 ( 35 ) タグの人気記事

チキンとなすのレッドカレー



またまた、ご無沙汰してしまいました!

皆様、こんにちは。 ashmamaです ♡♡♡(*^ω^*)♡♡♡

先週の土曜日。

錦糸町の某施設でタイ料理の勉強をしてきました!


今日のお料理は
「チキンとなすのレッドカレー」
「ハーブたっぷりのツナサラダ」
「すいかのフローズンドリンク」の3品です。

まずは、いつもの通り、先生のレクチャーを受けてから、料理を始めます。
今日のペーストはこちら。

c0126220_1646480.jpg


ニッタヤ印のカレーペースト。
タイ語で記録するなんてできないから、しっかり写真を撮っておかなくっちゃですねぇ。

ナムプラーだって、ほら、この通り。色々な種類があります。

c0126220_16461864.jpg


お料理によって使い分けるから、こう言ったものもチェックしておかなくっちゃ!


さて、材料の下準備が整えたら、料理開始。
ココナッツミルクをフライパンに入れて、じっくり温めたら、ペーストを入れて香りが出るまで炒めていきましょう。
赤い油が浮いてきたら、鶏肉を入れて更に炒めます。

c0126220_16463231.jpg


あちちちちちち! 
文章で書くと優雅ですが、実際は、ぱちぱちと油がはねて熱いのなんのって!(笑)
ひぇぇぇ~~~!^( ̄□ ̄#)^ψ

その後、ナムプラーとパームシュガー等の調味料を加え、なすを入れて煮込んでいきます。
この時もかなりの強火。。。ごぉぉぉぉ~~~~!!!!

なすに火が通ったら、こぶみかんの葉、プリック・チーファーを加え、最後にバジルを入れて火を止めます!

c0126220_16464957.jpg



こちらは、先生の作。

c0126220_1647568.jpg


カービングされたなすが綺麗ですねぇ。



そして、「ハーブたっぷりのツナサラダ」

c0126220_16472213.jpg


細~く、細く切ったフレッシュなこぶみかんの葉が効いています。
う~ん、さっぱりとして美味しい♪


最後に「すいかのフローズンドリンク」を添えて。

c0126220_16473945.jpg


見た目も美しい料理が完成しました。

ここのお教室は、味もさることながら、こうした盛り付けも勉強になります。
勿論、教鞭を振るうダー先生はかわいくて魅力的だし、
タイ料理に興味がある方はお薦めですよv(=∩_∩=) 
[PR]
by ashmam | 2010-08-30 16:47 | 料理学校

豚のど肉のあぶり焼き♪ つまみに最高!

豚のど肉のあぶり焼き♪ これはつまみに最高ね!

またまた、タイ料理教室に行ってきましたよ。
この日のメニューは「豚のど肉のあぶり焼き」と「青いパパイヤのサラダ」

まずは、豚のど肉から。ピートロと言う部分ですね。
焼き肉屋さんでは食べたことがありますが、塊を見るのは初めてです。
では、早速、網で焼いていきしましょう。

c0126220_1418204.jpg


う~ん、焼いているそばから、いい匂いです。
煙がもうもうですが、この匂い♪ ビールが飲みたくなりますねぇ。

先生にチェックしてもらって、はい、焼き上がり。

c0126220_14183799.jpg


こんがり、いい色~♡


お次は、ソムタム。青いパパイヤのサラダですね。

c0126220_14192573.jpg


にんにく、プリッキーヌー、ピーナツ、干し蝦などをクロックに入れて、潰していきます。
ナムプラー、パームシュガー、レモン汁で味付けしたら、パパイヤを入れて混ぜ混ぜすれば完成です。

カオニャオも専用のお鍋で炊いていますよ。

c0126220_1420754.jpg


かわいいですねぇ。
こういうお鍋も欲しいけど、お家にあったら邪魔かなぁ(笑)


さあ、料理が全て完成しました。
こちらは、先生の作!

c0126220_14203151.jpg


お~、美しい♪


そして、こちらはあぶり焼きですね。

c0126220_1420504.jpg


あぶり焼きはタレをつけて食べます。

c0126220_1421876.jpg


一口、ぱくぅ!

う~ん、あぶったお肉が香ばしくって、とっても美味しい♪
ピートロの歯ごたえもいいし、つまみに最高ですねぇ!

今日は一人で夕飯だし、ここで食べずに持って帰りま~す(笑)
さぁてと、今夜はあぶり焼きで一杯だ♪
うっしっし(爆)
[PR]
by ashmam | 2010-08-03 14:21 | 料理学校

暑いときにはタイごはんに限るねぇ。

またまた、ご無沙汰しちゃいましたね。

暑くても相変わらず料理は作っているんですが、どうも、更新が面倒くさい。

こう暑くちゃ、暑いの大好きな私でもさしもにだるだるぅ~(--




暑くて倒れそうになるのは、どうも人間だけではないようで、
先日、ネット環境がいきなり壊れましたが、それを追うかのように
クーラー、ドライヤーが相次いでイカれちゃいました。。。。

お陰で自然の風に頼るしかなく、寝苦しい夜を過ごしております。
キッチンに立つのだって、うんまぁ、大変。。。
首にタオルを巻いて、料理を作っているashmamaです(爆)

ドライヤーが壊れちゃったので、風呂上がりの髪も乾かせずに、
半分、野生児化していますねぇ(爆) 

一刻も早くこの事態を脱却したい今日このごろでございます(笑)


そんな暑い時に作る料理は、できるだけ手早く簡単にできるものがいいですね。

今日は「10分で本格タイごはん(講談社)」を参考にタイ料理です。


まずは、一品目。
「パット マクワ(茄子とひき肉炒め)」

c0126220_14245622.jpg


料理する材料は全て先に切っておくと便利ですね。
フライパンを熱したら、一気に作ってしまいましょう。
にんにく、輪切り青唐辛子を香りがでるまで炒めたら、ひき肉を加えてほぐし、更に茄子を入れます。ナムプラー、オイスターソース、醤油、砂糖、水の合わせ調味料を入れたら、千切りもパプリカ、ピーマンをくれて全体を炒め合わせ、バジルを添えたら完成です。
本来は、バジルも炒め合わせるんだけど、あんまり暑くて、忘れちゃった(爆)


お次はスープ。
「トムヤムクン ナムサイ」

c0126220_1425962.jpg


レモングラス、ナムプラー、レモン汁、砂糖、塩、チリインオイル、パクチーの根、コブミカンの葉を加えてスープを作り、紫玉葱、袋茸、蝦、ミニトマト、しめじ、筍を加えて、全体に火が通ればOK。最後にパクチーの葉を散らせば完成です。

そして、最後は
「パットプラームックゲーンキョワーン(いかのグリーンカレーペースト炒め)」

c0126220_14252644.jpg


グリーンカレーペーストを元にナムプラー、砂糖、水を加え、材料を炒め合わせれば完成。
本来はトムヤムペーストで作るのですが、トムヤムペーストがなかったので、グリーンカレーペーストにアレンジしました^^ 

そうめんを添えていただきます。


はい、これで、今日のおつまみは全て出そろいました。

c0126220_14253978.jpg


キンキンに冷えたビールと一緒にいただきましょう!

では、いただきま~す。
[PR]
by ashmam | 2010-07-21 14:27 | おうちで多国籍料理

肉詰め豆腐のスパイシーソースがけ

さて、今日は、お馴染みになりましたタイ教育・文化センターのお料理教室から、
「肉詰め豆腐のスパイシーソースがけ」を作りましょ!

なんたって、このソースが美味しいんだから。

肉詰め豆腐の材料は、2人前でこんな感じ。
厚揚げ、えび、豚バラ、卵、薄力粉、シーユーカオ、胡椒小さじです。

c0126220_1324565.jpg


まずは、蝦の背ワタを取り、包丁の背を使って、叩きつぶしておきましょう。
豚バラ肉は細かく刻んでおきます。
ボールに豚バラ、えび、卵、薄力粉、胡椒、シーユーカオを入れ良く混ぜ合わせます。
厚揚げを三角形に切り、スプーンで中をくりぬきます。

c0126220_13244549.jpg


くりぬいた穴に混ぜておいた具を詰めます。

蒸し器に入れ、8分ほど蒸します。具に火が通ったら、取り出しておき、粗熱をとります。
フライパンに揚げ油を入れて熱し、うっすら黄金色に揚げましょう。

さて、スパイシーソースを作りましょうね。
フライパンに炒め油を入れ熱し、パクチーの根、にんにくのみじん切りを加え、香りがでるまで炒めます。

c0126220_13251135.jpg


ホームデン、プリックチーファーのみじん切りを入れ、さらに炒めます。
砂糖、タマリンド・ウォータ―、塩弱を加え香りが立つまで弱火で炒めます。
ここに鶏ガラスープを加え、強火にし、とろみが出るまで煮詰めます。

ちなみにタマリンド・ウォータ―は、タマリンドの固形のものを水につけておきます。
タマリンドをよくもみ、溶け込んだ水のことを指します。

c0126220_13253848.jpg


はい、ソースができました。

[[attached(5,center)]]


揚げた厚揚げを盛り付け、スパイシーソースをかけたら完成です!

c0126220_1326240.jpg


わぉ~、盛り付けも綺麗ですねぇ。



どれどれ~。一口食べてみましょう。


アロ~~~イ! これが、実にうまいのよぉ!


この日は、ご飯と一緒に頂きましたが、ビールのつまみとして食べたら最高でしょう♪

このソースは、揚げたお魚にも合うそうなのですが、他にも色々と使えそうです。


あまりにも美味しかったので、ソースはお持ち帰りしましたよ(笑)

今度、家でも作ってみよっと!

と、いうわけで、今日は、タイ料理から「肉詰め豆腐のスパイシーソースがけ」をお届けしました。
ごちそうさま!
[PR]
by ashmam | 2010-07-05 13:30 | 料理学校

タイ風オムレツ「カイヤッサイ」



昨日は、タイ教育・文化センターに出向き、料理を習ってきました。
まずは、いつものようにダー先生からのデモンストレーション。

c0126220_13463082.jpg


では、手順を見ていきましょう!

まずは、オムレツの具から。
トマト半玉、玉葱1/8、エリンギ1本、人参1/2本は5㎜程度の角切りにしておきます。
グリーンピース大さじ1と1/2
フライパンに油を入れ、みじん切りのにんにくを入れ、香りが出るまで炒めます。
そこに人参、鶏挽き100g、エリンギを順に加え炒めます。
火が通ったら、細かく切った蝦70gを入れて炒め、調味料を加えます。
調味料はトマトケチャップ50g、ナンプラー小さじ4と、タイのお酢大さじ1、お砂糖大さじ2/3、シーズニングソース小さじ1、胡椒少々。
具に調味料の味がしっかりと馴染んだら、玉葱を入れ、透き通るまで炒めます。
グリーンピースを入れ、ざっと炒め合わせ、トマトを入れ1分程度炒めたら火を止めます。
お皿に移して冷ましておきましょう。

c0126220_13471515.jpg


次に卵5個を割りほぐし、こしきでなめらかになるよう濾しておきます。
テフロン加工のフライパンに油を引き、余分な油をキッチンペーパーで拭き取っておきましょう。卵液を注ぎ、薄焼き卵をつくります。
半分程度火が通ったら、真ん中に具材を乗せ、四方を折りたたみ四角いオムレツを作ります。

c0126220_13474265.jpg


折り目が下になるようにお皿に移し、上部に十字に切り込みをいれ、広げます。

c0126220_1350351.jpg


はい、完成。

c0126220_13481691.jpg


彩の野菜を添えたら、召し上がれ。

c0126220_13483444.jpg


酸味と甘み、そして、ナムプラーの塩味とで、しっかりとした味わい。
ご飯のおかずにも酒のつまみにも美味しい一品♪

この日は、その他に「トムヤムクン・ナムコン」

c0126220_13485777.jpg


トムヤムクンは「ナムサイ」と言われる透明なスープと「ナムコン(クリーミーな味付け)」といわれる白濁色のスープがあるそうですよ。
この白濁色のもとは無糖のコンデンスミルクです。

無糖のものは、初めて見ました。面白いので、今度、買ってみよう(笑)

デザートは、「ライチのスムージー」でしたが、こちらは残念、写真を取り忘れてしまいました!

というのも、
この日。 私より年上の方とペアを組んでいたんです。
料理があまり得意じゃないということで、
作っているあいだにも次から次に質問されまくり。
あれやこれや気を使いながら作っていたので、何だか疲れちゃいました(笑)
これじゃあ、一人で作った方が、ずっと楽!  勘弁してくれぇ~~!(爆)

って、完全愚痴だわさ(爆)

来月もよろしくって、正直、嫌じゃあ~~~~!(爆)

と、言うわけで、今日はタイ料理から、オムレツをお届けしました!(笑)
[PR]
by ashmam | 2010-06-27 13:50 | 料理学校

トムカーガイ(チキンココナツスープ)



昨日は、先日のフルーツカービングに引き続き、
「タイ教育・文化センター」で行われている料理教室体験講座に出かけました。
働いている方が出席しやすいように、19:00~21:00と夜に行われます。

夜の錦糸町。
昼間とはまた違った顔ですねぇ。
何かドキドキしちゃう(爆)

黒服の呼び込みやもくもくと煙のあがるもつ焼き屋さんなどを横目に見ながら、
センターへと向かいます。

今日の参加者は15人。

まずは、先生から一通りの食材の説明、レクチャーを受けたあと
各チームに分かれてお料理開始です。

今日のメニューは「トムカーガイ」♪

トムヤムクン同様、タイを代表するスープのひとつです。
違いは、カー(ナンキョウ)を使っているかいないかのこと。

ふ~ん、そうだったんだ。

では、早速、お料理開始。
材料は既に人数分テーブルの上に用意してあります。

c0126220_13154068.jpg




お鍋にスープストック、ココナッツミルクを入れ、中火で温めていきます。

c0126220_13155567.jpg


鍋の周りがふつふつとしたら、薄切りにしたカー、レモングラスを加えます。
いい香りが立って来て、カーとレモングラスの味がスープに移ったら、
薄切りにした鶏肉、塩、プリッキーヌーを加えます。
ほんのり鶏肉に火が入り始めたら、ふくろたけ(この日はしめじで代用)を入れます。

c0126220_1316952.jpg


鶏肉に火が通ったら、ナムプラー、コブミカンの葉を入れ、火を止めます。

ライムのしぼり汁をいれ、盛り付け、パクチーを散らして、はい、完成です。

できたぁ~♪ 

c0126220_13163223.jpg


簡単ですねぇ。しかも、早い♪

どれどれ~、一口。

う~ん、美味しい♪ 


この日は、ご飯も用意されて、

c0126220_1316533.jpg


スープごはんです。

ちょっとさみしいけれど、お持ち帰りもできてこれで1000円なら、安いですよね。

ちなみに先生はタイの大学からいらしたダー先生。
笑顔のかわいい先生です。

c0126220_1317972.jpg


日本語はまったく分からないので、通訳兼アシスタントさんがついています。
この方もかわいい方でしたよ。
タイ語がべらべらでカッコイイ!

そして、こちらが先生の作。

c0126220_13172535.jpg


綺麗に盛りつけられていますね。


夕飯ついでに料理を習う! 案外イケますよ。
ご興味のある方は是非、覗いてみてね^^
[PR]
by ashmam | 2010-05-28 13:17 | 料理学校

二八蕎麦とフルーツカービング



最近、新たに始めたものがあります。

それは、二八蕎麦、蕎麦打ちですね。
向かった先は、家の近くにある「手打ち蕎麦さろん遊蕎庵」さん。
江戸ソバリエ、信州ソバリエの庵主にご指導賜ります。

修業1日目。
教室に入るとぷ~んとアーモンドのような蕎麦粉のいい香り。
先生に言われるがまま、練って、打って、切って。 

初めて知った蕎麦粉の魅力。

小麦粉100%とも違い、蕎麦粉って、なんて繊細なのでしょう。

とは言え、当然、写真など撮る暇もなく、あっけなく終了(笑)
庵主曰く、「左手のリハビリを行ってね!」とのこと(TT

左右の手を交互に素早く、円を描いて捏ねていくんですが、
左手が言うことを利かない(爆) 

平泳ぎが出来ないから仕方がない気がするだけどねぇ(笑)


で、これが、初手打蕎麦のお持ち帰り。

c0126220_16352167.jpg



打ち立ての蕎麦は、やはり違います。

c0126220_1636886.jpg


喉越しツルンと♪ 蕎麦はそれほど好きじゃないんですが、これは、イケるかも♪
お持ち帰り用にくれる蕎麦汁も鰹の匂いがして、美味しい。

それよりも蕎麦湯の味が、お店とは格段に違うのには驚きました。
おいしいなぁって、飲む蕎麦湯は初めてでしたね。


そして、お次は、フルーツカービング。
向かった先は、錦糸町。

ここは、以前、タイ料理レストラン「ゲウチャイ」があった場所です。
日タイ修好120周年を機にタイ文化の紹介・普及を目的として、設立されられました。
センターでは、タイ語を始め、料理、カービング、舞踏、マッサージなどの教室が開かれています。

先生は、2002年 タイシェフ協会主催、The 8th Culinary Gathering of Cooks & Chefs 2002にてFruit & Vegetable Carving on Stage部門金賞受賞者。
お~~~! 凄い、ぱちぱちぱちぃ!

気さくで明るい方ですよ。
カービング中にも一生懸命話しかけてくれるんですが、
正直うるさい(爆)

熱中していると何だか質問に答えるのも億劫で(笑)
先生、そんな器用じゃないんで、構わないでぇ~~(笑)


今日の体験者は私を含めて、4人。
うち一人はすでに石鹸のカービングを体験済み。

テーブルの上には、ナイフと塩水の入ったボウル。
カービングのナイフってこうなっているんだぁ。

c0126220_1636454.jpg


と言うのは、間違いでした。
左の筆のようになっているところで、削るんだと思っていましたら、
右のブルーのカバーを外すと刃がでてきました。
彫刻刀なんて握るのは、高校以来なかったんじゃない?
ちょっと、どきどき。

この日は、りんごでカービングを行っていきます。

500円の体験コースにりんごが2個。
この季節、りんごも高いので、お値打ちな教室ですねぇ(笑)

まずは、りんごの表面にハートの型の型紙を水でぬらしてはりつけ、型にそって、ナイフで切り込んでいきます。

その次に切り込みを入れた周りを刃先を斜めにして、輪郭をカットしていきます。
カットされた周囲をぎざぎざになるように更に掘り進めます。

サクサクサク。。。小気味よいナイフの音。

おしゃべりもせず、りんごに集中します。

ほっほ~い! 完成。



どうでしょうか?

c0126220_1637736.jpg


うまいんだか、下手なんだか分かりませんが(爆)

c0126220_16373563.jpg


こんな感じに仕上がりました。

体験コースは説明も含め2時間。
なんだか、あっという間に終わってしまいましたね。
楽しかったです^^

カービング教室では、体験コースを始め、入門、初級、中級、上級まで。
カービングって何さ? というレベルの人から、
芸術の域に達しそうな本格的なカービングまで習えちゃいますよ。

ご興味のある方は覗いてみてはいかがですか?

タイ教育・文化センター
住所:東京都墨田区江東橋1-11-9 PKサイアムビル
電話:03-3634-9993
[PR]
by ashmam | 2010-05-26 16:38 | 料理学校

多国籍料理で、オフ会♪



ゴールデンウィーク中盤、ブロガーのちばちゃんさんからお誘いがあり、喜び勇んで、オフ会に出かけてきました。

会場は、ちばちゃんさんのご自宅。

広々として、綺麗ですねぇ。

眼下に広がる街並み。
通り抜ける風が気持ちいいです。
いいなぁ、新婚さんは(●≧艸≦)

キッチンでは、すっぴんのちばちゃんさんが料理の真っ最中。
ご主人様は机に向かってお仕事です。

すみませんねぇ。早く、来すぎちゃったぁ。


そうこうしているうちにお酒が並び、

c0126220_13174565.jpg


ちばちゃんさん、お手製の漬物達も綺麗に勢ぞろい。

c0126220_13182769.jpg



こちらは、南欧料理「プチトマトのマリネ」

c0126220_13185899.jpg


酸味もビシッと決まって、旨いんだなぁ、これが。


料理に続いて他のブロガーさんも登場してきました。
「どうも、どうも、こんにちは」の挨拶をしていると、
キッチンからまたしてもいい匂いが漂ってきました。


うぉぉ、イタリア料理「トリッパのトマト煮込み」ですね。

c0126220_13191758.jpg


我が家でもトリッパが手に入った時に作りますが、ashpapa大好物の一品。
勿論、うまうまぁ~~  v(=∩_∩=)ブイブイ!!


これは、、、沖縄料理で良いのでしょうか。
「なんこつの煮込み」

c0126220_13194510.jpg


泡盛と黒糖だったかな? 
じっくり煮込んだなんこつは、口に入れただけでとろとろ
なんこつは、初めて食べましたが、無茶苦茶、美味しかったぁ~。


インド料理からは、ash家持参の「サモサ」。

c0126220_13202621.jpg


本格的なレシピで作っています。
味は申し分ないかと。。。(笑)


タイ料理「ヤムウンセン」

c0126220_13204328.jpg


白木耳が美しいですね。味は間違いなし!
ちばちゃんさんは、お料理上手です!


続いて、スペイン料理から「マッシュルームのオイル焼き アンチョビガーリック風味」

c0126220_13214051.jpg

勝手に国名と料理名を付けていますが、違った場合はお許しを(笑)

これも文句なしに美味しいでしょ! 
アンチョビとガーリックが利いたオイルをフランスパンにつけて。。。
ひゃっはっはっは、堪りません!


ここら辺で、働きづめだったちばちゃんさんの休憩を兼ねて。
キッチンをお借りして、ashmamaがちょこっと調理します。
四川料理から「肉醤涼麺」。

c0126220_13215538.jpg


豚を煮込んだスープが隠し味。
花椒油が利いて、びりりッとします。


麺を食べているとキッチンからゴンゴンゴンと叩く音が。。。。

来ましたぁ~!! タイ料理代表! 激辛「ソムタム」!(爆)

c0126220_13222293.jpg



正確には貴州料理なのかな。
台湾でもポピュラーな「干し豆腐のあえ物」。

c0126220_13224525.jpg


干し豆腐の食感が美味しい一品です。

そうこうしているうちにまたしてもキッチンから良い香りが。。。クンクンクン。


でも、ここで、そろそろash家は用事があって退散せねばなりません。
名残惜しい気持ちで、一杯ですが、お先に失礼致しますということに相成りました。

結局、お昼から始まったオフ会は、何と夜の11時過ぎまで行われたそうな。

凄いよねぇ。


お料理は全て美味しかったです。

いかがです? こんなオフ会ならいつでも呼ばれてみたいですよね。
[PR]
by ashmam | 2010-05-09 13:24 | おうちで多国籍料理

吉祥寺でタイ料理



随分、温かくなりましたねぇ。
また、また、ご無沙汰してしまいました、ashmamaです。

いや~、ちょっと忙しくなるとついつい。。。すみません。


昨日は、吉祥寺で打ち合わせがありまして。
丁度、お昼に終わったので、ランチをとることにしました。

ここは、先日行った「ぼてじゅう」と同じビルの地下1階。
「タイ屋台料理 あろいな」です。

c0126220_17513422.jpg


お昼は食べ放題で、990円。
窓側にお料理が並べられています。
この日のお料理、二人で手分けして取ってきました。
こちらは、私。

c0126220_17515350.jpg


カレーは、かなり甘口ですが、後から辛さがじわっと来ます。


こちらは、ashpapa。

c0126220_17521330.jpg


お肉の煮物は八角が効いています。

2回目のお代りは無理ですが、炒飯を少し分けてもらいました。

c0126220_17523145.jpg


カレーをかけて、こちらも完食。
久しぶりにタイ料理を食べたかなぁ。

温かくなると俄然、元気になるashmama。
それに伴い最近ご無沙汰していた多国籍な料理も徐々に食卓に登り始めるんじゃないかなと思います。

c0126220_17525328.jpg


と、いうことで、朝から作ったフォー!!!



住所:武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 ファミリープラザB1F
電話:0422-21-0122
[PR]
by ashmam | 2010-02-23 17:53 | 多国籍料理食べ歩き

知らずに食べていたけど。。。



昨日のことです。ランチをとりに行徳に行ってきました。

いつもと違い、何やら、パトカーや警察官が多く、ものものしい雰囲気です。
尋常じゃないなぁ。。。と思っていたら、その夜、市橋容疑者逮捕のニュースが流れました。
まさかね。
とは思いますが、昼頃から実は動きがあったのだろうか。。。なんて思ってしまいます。


さて、行徳と言えば「ボーンタイ」か「パタヤ」でしょう!
何の話し? って、タイ料理屋さんですが^^

どっちに行こうかな。。。
では、久しぶりに「ボーンタイ」に行くとしましょうか!
ママが里帰りをしていたので、しばらくぶりにお店を開けています。

そうだなぁ、今日のランチは、
Aがカオ・ガバオ Bがパット・トゥワウゴー・ムー(豚肉と厚揚げのもやし炒め)
Cがクィティオ・ナムトックね。

まずは、Aかな。。。

c0126220_15175442.jpg


これは、もう、当たり前に美味しいよね。
辛いソースってママが持ってきてくれました。

c0126220_15182442.jpg


そうそう、これをちら~っとかけ~の、
フライドエッグを割りぃ~の。

c0126220_15184737.jpg


ご飯とからめ~の。

パクッ! きゃ~、おいしいよぉ。


もう一つは、Cの麺を頼んでみましょう。



麺といえば、このお店ではトムヤムラーメンしか食べたことがないんだけど。
どれどれ。。。。

c0126220_15195193.jpg


うっ、食べる前に嫌な予感がします。
赤黒いスープ。

ちょっと、臭いが。。。。何だろう? この匂い??


麺はこんな感じ。。。。

c0126220_15202527.jpg


へタレなash君は「僕は、これ、無理です」といってギブアップ。

私は、とりあえず食べます。。。


しかし、臭い(笑)
臭豆腐でもない、なんだろう、この匂い。
発酵系の匂いがする


テーブルの上のプリック・ナムソム(唐辛子入り酢)をかけて、味を調整し、食べます。


まぁ、慣れればいいんじゃないんですか。


問題の麺「クィティオ・ナムトック」は、牛骨スープにスパイス
そしてなんとぉ、豚の血のスープなんですねぇ。

きゃ~!!! 

知らなきゃよかった。。。
ご興味のある方は、是非、どうぞ。
[PR]
by ashmam | 2009-11-11 15:23 | 多国籍料理食べ歩き



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧