ashmama の 多国籍食堂

タグ:レシピ ( 53 ) タグの人気記事

ケーク・サレ(CAKES SALES)を作ったものの。。。



また、また、ご無沙汰しちゃいました。ashmamaです。
今日は、お誕生日♪
また、無駄に年をとってしまいましたわ^^ おほほほほ^^

さて、皆さん。ケーク・サレってご存知ですか?
簡単に言えば、塩味のケーキですかね?
私は、つい最近、知りましてですね^^ 
その美味しさに、早速、作ってみましたよ♪

材料は、
卵2個、生クリーム150cc、お好きなチーズ50g、薄力粉150g、ベーキングパウダー小さじ2、塩小さじ1、胡椒、ナツメグ各少々です。
具にはお好きなもので構わないとおもいますが、
この日は、シンプルに玉葱とベーコンとほうれん草にしてみました。

フライパンにベーコンを入れて、脂がでるようにじっくりと炒めていきます。
一旦取り出し、キッチンペーパーを敷いたバットの上に移し、冷まします。
続けて、同じフライパンで玉葱を炒めていきます。ベーコンから出た脂でいい色に炒めていきましょう。炒めたら、キッチンペーパーの上に。ほうれん草も同様に仕上げておきます。

c0126220_15315974.jpg


ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐし、更に生クリームを加えます。
泡立てないようにそぉ~っとそっと。チーズのすりおろしを加えて混ぜます。

c0126220_15322655.jpg


具を加え、ゴムべらで切るように混ぜ合わせます。

c0126220_15324755.jpg


この中に、薄力粉、ベーキングパウダー、粗塩を合わせ、ふるいにかけたものを加えます。
胡椒、ナツメグも少々振ったら、オープンシートを敷いた型に生地を流し込みます。
型の底をしっかりと叩きつけ、隅々まで生地がきちんといきわたるように。
最後にフライドオニオンを散らして、180℃のオーブンで40分焼いたら、完成です。


ふんふんふん。ここまでいい感じ^^

では、早速、今宵のつまみを用意しましょう。
オリーブオイル、アンチョビ、にんにくのみじん切りが入った器の中に
マッシュルームを入れて。。。蓋をして、中まで火を通していきましょう。

c0126220_1533614.jpg


こちらは、もう一品。


なんと言う名前のきのこでしたかね? 紫蘇とからめてバターソテーしました。

c0126220_15332954.jpg


大好きなアボガドもワカモレにして。

c0126220_1533542.jpg


さて、本日のお酒も用意したし、

c0126220_15342247.jpg



ケーク・サレを並べてお洒落に乾杯といきましょうか^^


えっ???


うっそぉ~~~! 



肝心のケーク・サレの写真を撮り忘れたですとぉ!
くぅぅぅぅ。。。 お味見用に切ったこの一枚だけぇ???

c0126220_15344317.jpg


しかも、なんで、和風の皿なんだよぉぉぉぉ~~~~~!


と、いうことで、初めて作ったケーク・サレの全容が。。。お見せできません(泣)
味は、美味しかったんですけどねぇ。。。。。

そうそう、hasuki_kenさん、お返事遅くなりましたが、滑り止めって これだよ↓

c0126220_15351991.jpg


100均で探してみてね。
ゴム製で、ベージュとか他の色もありますよ^^
では、また!
[PR]
by ashmam | 2010-08-16 15:36 | おうちで多国籍料理

フォカッチャを作りましょ!



今日は、フォカッチャに挑戦です。

勿論、作ったことがないのですが、比較的簡単そう!←に 見える(爆)


粉もの好きとしては、ここはちょっとトライしてみましょう。


生地の材料は、薄力粉200g、塩3g、ドライイースト2g、水100cc、E.V.オリーブオイル20ccです。

まずは、薄力粉をふるいにかけ、台の上に山形にのせ、中央をくぼませ、ドライイースト、塩を加えます。

c0126220_1449297.jpg


均一になるように全体を手で混ぜ合わせます。


再び山形にまとめ、中央をくぼませたら、水とオリーブオイルを加えます。
周囲の粉をかぶせるようにしながら、全体に混ぜ合わせます。
一つにまとまるまでよく捏ねていきましょう。
生地がしっとりしてきたら、打ち粉をして表面がきめ細かくツルンとするまで、しっかりとこねていきます。
丸く丸め、ラップをして1時間ほど発酵させます。

2倍以上に膨らんだ生地の中央をこぶしで押さえつけるようにガス抜きをしていきます。
2等分にきり、団子状にまるめます。
打ち粉を振り、厚さ5㎜になるように麺棒で伸ばしていきます。


伸ばした生地の表面にオリーブオイルを塗り、フォークでところどころ穴をあけます。

c0126220_14502168.jpg


オリーブを飾りを飾り付け、250℃に熱したオーブンに入れ、約5分、うっすらと焼き色がついたら完成です。

c0126220_14504337.jpg



さて、もう一品。

付け合わせのペンネを作りましょう。

茹でたペンネに自家製トマトソースをからませ、

仕上げに、生クリームを入れ、塩、胡椒で味を調えます。

パルメザンチーズをたっぷりかけて、「ペンネのトマトクリームソース」の完成です。

c0126220_14514352.jpg


フォカッチャを添えていただきます。


さぁて、トリッパも煮えましたよ。

c0126220_14521160.jpg


今日は、ワインで決まりですね。
いただきま~す。
[PR]
by ashmam | 2010-07-27 14:52 | おうちで多国籍料理

チキン・マサラ



さて、今日は、本格的な「チキン・マサラ」を作りましょ!

用意するものは、鶏むね肉270g、玉葱1/2個、生姜、にんにくのすりおろし各大さじ1、ホールトマト缶カップ1、青唐辛子2本、粉末ココナッツ・ミルク50gです。
ホール・スパイスはフェネル・シード小さじ1/2、シナモンステック1/2本、クローブ2個、ブラックペッパー10粒、月桂樹1枚
パウダー・スパイスはターメリック小さじ1/4、カイエン・ペッパー小さじ1、コリアンダー小さじ2です。

鶏むね肉は食べやすい大きさにカットしておきます。
玉葱はみじん切りに。生姜、にんにくはすりおろし合わせておきます。
底の厚い鍋にサラダ油大さじ2を入れ、ホール・スパイスを炒めていきます。
中火でスパイスが焦げないように注意しながら、いい香りがしてくるまで炒めます。
次に玉葱を入れ、きつね色になるまで炒めたら、にんにくと生姜を加えます。
にんにくと生姜の香りが立ってきたら、青唐辛子を加え、さっと炒め合わせます。
ここにホールトマトをつぶしながら加え、1分ほど炒めていきます。

c0126220_1534054.jpg


弱火にしてパウダー・スパイスと塩小さじ2を入れます。
全体が混ざったら、中火にしてチキンスープカップ1を注ぎ、沸騰させます。
時々、かき混ぜながら、水気を飛ばしていきます。
しばらく煮ていくと全体がもったりとして来ますので、ここに鶏肉を加え、炒め合わせます。

c0126220_15409.jpg



カップ4/3のぬるま湯で溶いたココナッツミルク・パウダーを注ぎ、混ぜ合わせます。

c0126220_1541974.jpg


10分ほど煮て、とろみが十分に出たら、完成です。最後に塩加減をチェックし、お好みで香菜を散らします。

c0126220_1544042.jpg



では、盛りつけぇ~!

c0126220_155113.jpg


あ~、いい香りです。
ラッサムライスと一緒にいただきます。

では、一口。ぱくっ!

申し訳ない! これ、マジ 旨いです!!(笑)


オクラのポリヤルを添えて。

c0126220_1554574.jpg


スパイスが効いていて、美味しいんです。
オクラ一袋なんてあっという間に食べちゃいますよ!



今日は、意外に簡単。でもお味は本格的!
うまうまチキン・マサラをお届け致しました!

う~ん、幸せ感じちゃう カレーですよぉ♪
[PR]
by ashmam | 2010-07-08 15:06 | おうちで多国籍料理

肉詰め豆腐のスパイシーソースがけ

さて、今日は、お馴染みになりましたタイ教育・文化センターのお料理教室から、
「肉詰め豆腐のスパイシーソースがけ」を作りましょ!

なんたって、このソースが美味しいんだから。

肉詰め豆腐の材料は、2人前でこんな感じ。
厚揚げ、えび、豚バラ、卵、薄力粉、シーユーカオ、胡椒小さじです。

c0126220_1324565.jpg


まずは、蝦の背ワタを取り、包丁の背を使って、叩きつぶしておきましょう。
豚バラ肉は細かく刻んでおきます。
ボールに豚バラ、えび、卵、薄力粉、胡椒、シーユーカオを入れ良く混ぜ合わせます。
厚揚げを三角形に切り、スプーンで中をくりぬきます。

c0126220_13244549.jpg


くりぬいた穴に混ぜておいた具を詰めます。

蒸し器に入れ、8分ほど蒸します。具に火が通ったら、取り出しておき、粗熱をとります。
フライパンに揚げ油を入れて熱し、うっすら黄金色に揚げましょう。

さて、スパイシーソースを作りましょうね。
フライパンに炒め油を入れ熱し、パクチーの根、にんにくのみじん切りを加え、香りがでるまで炒めます。

c0126220_13251135.jpg


ホームデン、プリックチーファーのみじん切りを入れ、さらに炒めます。
砂糖、タマリンド・ウォータ―、塩弱を加え香りが立つまで弱火で炒めます。
ここに鶏ガラスープを加え、強火にし、とろみが出るまで煮詰めます。

ちなみにタマリンド・ウォータ―は、タマリンドの固形のものを水につけておきます。
タマリンドをよくもみ、溶け込んだ水のことを指します。

c0126220_13253848.jpg


はい、ソースができました。

[[attached(5,center)]]


揚げた厚揚げを盛り付け、スパイシーソースをかけたら完成です!

c0126220_1326240.jpg


わぉ~、盛り付けも綺麗ですねぇ。



どれどれ~。一口食べてみましょう。


アロ~~~イ! これが、実にうまいのよぉ!


この日は、ご飯と一緒に頂きましたが、ビールのつまみとして食べたら最高でしょう♪

このソースは、揚げたお魚にも合うそうなのですが、他にも色々と使えそうです。


あまりにも美味しかったので、ソースはお持ち帰りしましたよ(笑)

今度、家でも作ってみよっと!

と、いうわけで、今日は、タイ料理から「肉詰め豆腐のスパイシーソースがけ」をお届けしました。
ごちそうさま!
[PR]
by ashmam | 2010-07-05 13:30 | 料理学校

パラグアイ料理 サルサ・デ・トマトとギーソ



さぁて、いよいよですね。決勝トーナメント!

今日は、対戦国のパラグアイから「サルサ・で・トマト」を作りましょう。
トマトソースのようなシチューのような煮込み料理です。

用意するものは。
牛肉かたまり200g、ピーマン3個、人参1本、玉葱1個、にんにく2片、マッシュルーム(スライス)一缶。ホールトマト2缶
まずは、牛肉を賽の目に。野菜はみじん切りにしておきます。

c0126220_1022745.jpg


圧力鍋に、野菜と肉、マッシュルームを入れます。
そこにホールトマトを潰し、汁ごと加えます。
クミン、オレガノ各小さじ1とにんにくみじん切りを加えます。

c0126220_1024674.jpg


お水800ccを注ぎ、軽く塩胡椒をしたら、蓋を絞め、火にかけます。
蒸気が上がってきてから、弱火で15分。
その後、圧を抜かないで自然に冷まします。

冷めたら味を見て、塩胡椒で味を整えたら完成です。

c0126220_1031811.jpg


でも、ここで終わっちゃあ、いけないよ。

続いて、もう一品。


パラグアイ風雑炊です。

作り方は、簡単。

今、作った サルサ・デ・トマトを600ccを鍋に取り、パプリカ小さじ2を加えます。

c0126220_1033853.jpg


ここにご飯2カップを加え、味が染みるまで煮込めば完成です。


お好みで塩、胡椒で味を調えたたら、

c0126220_104421.jpg


さぁ~、これで完成。 パラグライ料理のギーソ! 

いただきま~す!!!


頑張れ、ニッポン!!
[PR]
by ashmam | 2010-06-28 10:05 | おうちで多国籍料理

タイ風オムレツ「カイヤッサイ」



昨日は、タイ教育・文化センターに出向き、料理を習ってきました。
まずは、いつものようにダー先生からのデモンストレーション。

c0126220_13463082.jpg


では、手順を見ていきましょう!

まずは、オムレツの具から。
トマト半玉、玉葱1/8、エリンギ1本、人参1/2本は5㎜程度の角切りにしておきます。
グリーンピース大さじ1と1/2
フライパンに油を入れ、みじん切りのにんにくを入れ、香りが出るまで炒めます。
そこに人参、鶏挽き100g、エリンギを順に加え炒めます。
火が通ったら、細かく切った蝦70gを入れて炒め、調味料を加えます。
調味料はトマトケチャップ50g、ナンプラー小さじ4と、タイのお酢大さじ1、お砂糖大さじ2/3、シーズニングソース小さじ1、胡椒少々。
具に調味料の味がしっかりと馴染んだら、玉葱を入れ、透き通るまで炒めます。
グリーンピースを入れ、ざっと炒め合わせ、トマトを入れ1分程度炒めたら火を止めます。
お皿に移して冷ましておきましょう。

c0126220_13471515.jpg


次に卵5個を割りほぐし、こしきでなめらかになるよう濾しておきます。
テフロン加工のフライパンに油を引き、余分な油をキッチンペーパーで拭き取っておきましょう。卵液を注ぎ、薄焼き卵をつくります。
半分程度火が通ったら、真ん中に具材を乗せ、四方を折りたたみ四角いオムレツを作ります。

c0126220_13474265.jpg


折り目が下になるようにお皿に移し、上部に十字に切り込みをいれ、広げます。

c0126220_1350351.jpg


はい、完成。

c0126220_13481691.jpg


彩の野菜を添えたら、召し上がれ。

c0126220_13483444.jpg


酸味と甘み、そして、ナムプラーの塩味とで、しっかりとした味わい。
ご飯のおかずにも酒のつまみにも美味しい一品♪

この日は、その他に「トムヤムクン・ナムコン」

c0126220_13485777.jpg


トムヤムクンは「ナムサイ」と言われる透明なスープと「ナムコン(クリーミーな味付け)」といわれる白濁色のスープがあるそうですよ。
この白濁色のもとは無糖のコンデンスミルクです。

無糖のものは、初めて見ました。面白いので、今度、買ってみよう(笑)

デザートは、「ライチのスムージー」でしたが、こちらは残念、写真を取り忘れてしまいました!

というのも、
この日。 私より年上の方とペアを組んでいたんです。
料理があまり得意じゃないということで、
作っているあいだにも次から次に質問されまくり。
あれやこれや気を使いながら作っていたので、何だか疲れちゃいました(笑)
これじゃあ、一人で作った方が、ずっと楽!  勘弁してくれぇ~~!(爆)

って、完全愚痴だわさ(爆)

来月もよろしくって、正直、嫌じゃあ~~~~!(爆)

と、言うわけで、今日はタイ料理から、オムレツをお届けしました!(笑)
[PR]
by ashmam | 2010-06-27 13:50 | 料理学校

トムカーガイ(チキンココナツスープ)



昨日は、先日のフルーツカービングに引き続き、
「タイ教育・文化センター」で行われている料理教室体験講座に出かけました。
働いている方が出席しやすいように、19:00~21:00と夜に行われます。

夜の錦糸町。
昼間とはまた違った顔ですねぇ。
何かドキドキしちゃう(爆)

黒服の呼び込みやもくもくと煙のあがるもつ焼き屋さんなどを横目に見ながら、
センターへと向かいます。

今日の参加者は15人。

まずは、先生から一通りの食材の説明、レクチャーを受けたあと
各チームに分かれてお料理開始です。

今日のメニューは「トムカーガイ」♪

トムヤムクン同様、タイを代表するスープのひとつです。
違いは、カー(ナンキョウ)を使っているかいないかのこと。

ふ~ん、そうだったんだ。

では、早速、お料理開始。
材料は既に人数分テーブルの上に用意してあります。

c0126220_13154068.jpg




お鍋にスープストック、ココナッツミルクを入れ、中火で温めていきます。

c0126220_13155567.jpg


鍋の周りがふつふつとしたら、薄切りにしたカー、レモングラスを加えます。
いい香りが立って来て、カーとレモングラスの味がスープに移ったら、
薄切りにした鶏肉、塩、プリッキーヌーを加えます。
ほんのり鶏肉に火が入り始めたら、ふくろたけ(この日はしめじで代用)を入れます。

c0126220_1316952.jpg


鶏肉に火が通ったら、ナムプラー、コブミカンの葉を入れ、火を止めます。

ライムのしぼり汁をいれ、盛り付け、パクチーを散らして、はい、完成です。

できたぁ~♪ 

c0126220_13163223.jpg


簡単ですねぇ。しかも、早い♪

どれどれ~、一口。

う~ん、美味しい♪ 


この日は、ご飯も用意されて、

c0126220_1316533.jpg


スープごはんです。

ちょっとさみしいけれど、お持ち帰りもできてこれで1000円なら、安いですよね。

ちなみに先生はタイの大学からいらしたダー先生。
笑顔のかわいい先生です。

c0126220_1317972.jpg


日本語はまったく分からないので、通訳兼アシスタントさんがついています。
この方もかわいい方でしたよ。
タイ語がべらべらでカッコイイ!

そして、こちらが先生の作。

c0126220_13172535.jpg


綺麗に盛りつけられていますね。


夕飯ついでに料理を習う! 案外イケますよ。
ご興味のある方は是非、覗いてみてね^^
[PR]
by ashmam | 2010-05-28 13:17 | 料理学校

カレーパンは簡単じゃない(TT



粉もの大好きashmamaですが、実は、パン作りには手を出していなかったんです。

が、突然、カレーパンが食べたくなったので、作ってしまえ~ってことになりました。

確か本棚にパンの作り方のっていたよなぁ。
あった、あった!
「超かんたんてづくりパンと中華まん(藤井 恵著)」
これを参考にして作ってみよっと!

どれどれ~

作り方
A)ボウルに強力粉200g、ドライイースト大さじ1/2、砂糖小さじ1/2を合わせ、ふるっておきます。
B)溶き卵1個分、サラダ油大さじ1を計量カップに入れ、全体量が130gになるように水を加えます。
AにBを少しずつ加え、よく混ぜ合わせます。ボウルの中でこねながら、ひとまとめにしたら、打ち粉をした台に取りだします。

手のひらの付け根に体重を乗せてよ~く、こねていきましょう。

ときどき、生地を台にたたきつけるように。
バシ~ン、バシ~ンと景気よく(笑)

こうすることでグルテンが出やすくなるらしいんだが。。。
凄い音だねぇ。近所中に響きますよ(笑)

なんだか、夫婦喧嘩に間違えられそうだなぁ(爆)


生地を両手で伸ばし、向こう側が透けてみえるぐらいになったらこね上がり!
って、なかなかこれが、いかないのよぉ~。
10分以上、根気よくねって、ねって、ねって、ねってぇ~~~。

ふぅ。。。。

まるく整えて、内側に薄く油を塗ったボウルの中に入れ、ラップをかけて30分程度寝かせます。

生地が2倍くらいにふくらんだら、拳で1回叩いてガス抜きをします。

c0126220_1085973.jpg


ドスッ!

ふっふっふ。これは、快感~(爆)



打ち粉をした台に取りだし、棒状に伸ばし、6等分にします。
軽くまるめ、かたく絞ったぬれ布巾をかけて、10分程度休ませます。

c0126220_1083266.jpg


軽くガス抜きをし、直径10㎝くらいの円形に伸ばします。

c0126220_1091497.jpg


カレーをのせて、半円形にとじます。

c0126220_1092981.jpg


牛乳にくぐらせ、パン粉をつけ、綴じ目を下にして、しばらく寝かせます。

c0126220_1094730.jpg


低めの油でじっくり揚げれば、ほい、完成!

c0126220_1010317.jpg


・・・・って、全然、超かんたんじゃないじゃん!

時間がなくても大丈夫! って、こりゃあ、時間かかり過ぎだよぉ。

普通のカレーパン作りとどこが簡単になっているわけ????




で、こちらが冷めてから切ったカレーパン。

c0126220_10105589.jpg



初めてにしては上手にできているでしょう?

でもね、やっぱり、パンは手間がかかるなぁ。

粉もの好きでも当分パン作りはお預けにしておこうっと!
[PR]
by ashmam | 2010-05-25 10:11 | おうちで多国籍料理

油飯(ユープン)を作ろう!



今日は、茹で豚の残りを使って、油飯を作ります。

何故、茹で豚の残りなのかっていうと、こんなものを作っていたからですね。


麻辣冷麺。

c0126220_1363439.jpg


先日の記事のブロガーさんのお宅に、どんな味の麺を持っていったらいいか、試験的に作ったもの。

でも、肉みそをかけた方が美味しかったので、茹で豚が残っちゃったってわけ。

そこで、これを使って、油飯を作ろうってことになったんだなぁ。

c0126220_1365558.jpg


ほらほら、台湾で売っているのは、こんな感じの餡かけおこわ。


本来は長粒のもち米を具材と炒め、蒸して作りますが、今日は、普通のお米で。
しかも炊飯ジャーで簡単に作っちゃいましょう。

お米は2合。
調味料は、甘口醤油大さじ2、五香粉、シナモン、砂糖少々、塩小さじ1/2、紅葱油大さじ1、干し蝦大さじ1、豚の茹で汁200CC、干し椎茸の戻し汁を入れます。
いつもの水の分量まで水を注いだら、スイッチポン!

炊きあがるうちに何だか台湾屋台の妖しいか・ほ・り(爆)

続いて、上にかけるタレを作ります。

油を引いたフライパンでニンニク(みじん切り)小さじ1/4を炒めます。
香りがでてきたら、茹で豚、干し椎茸(戻して千切り)を加え、軽く炒めていきます。
そこに水(もしくは豚の茹で汁)大さじ4、甘口醤油大さじ4、塩少々で味付けし、コーンスターチでとろみをつけます。

おっと、ご飯が炊けたようですねぇ。

c0126220_1374844.jpg


お茶碗に盛って、タレをかけたら、簡単、油飯の出来上がり。

c0126220_138319.jpg


一口食べると。。。。。


旨~~~~い!!! 

素朴なんだけど、素材の味が引き出されていて、美味しいんです。
ご飯をかみしめると 思わず 幸せを感じちゃう味。
↑ って、なんて小さな幸せなんだぁ(笑)


台湾風オムレツを添えれば、気分はもう台湾。

c0126220_1381918.jpg


実は、この中身、切干大根とこれまた残り物の肉みそが入っているの。

今日は、残り物料理づくしだね ( ●≧艸≦)

ゴールデンウィークでお金を使い果たしちゃった人にお薦めかな。


でも、味は、無茶苦茶 美味しいよぉ。
[PR]
by ashmam | 2010-05-10 13:10 | おうちで多国籍料理

サモサを作ろう!



今日は、先日、ちばちゃんさんのオフ会に持って行った、
サモサの作り方をご紹介しましょう。



それでは、具の準備から。

まずは、じゃがいも400gを皮を剥き、適当な大きさに切っておきます。

c0126220_14203149.jpg


耐熱皿に水を少量入れ、電子レンジでチン!
茹であがったら、軽く潰しておきましょう。

鍋に油を入れ、クミンを投入。

c0126220_14205819.jpg


プチプチとはじけてきたら、みじん切りの玉葱(200g)と生姜(1かけ)を炒めます。

香りが立ってきたら、ターメリックを加え軽く混ぜ合わせます。

玉葱がほんのり色づいてきたら、潰しておいたジャガイモを加えます。

そこにレッドペッパー、塩、ガラムマサラを加え、全体をよく混ぜて、火から下ろします。

仕上げにマーガリンとレモン汁で風味をつけます。

これで、具の完成です。


お次は皮を作っていきましょう。

小麦粉(強力粉)200gに塩小さじ1/2、アジョワン小さじ2/3を混ぜておきます。

ここにサラダ油大3を加え、よく混ぜていきます。

全体的に油が混じり、ぽろぽろになったら、熱湯をカップ1/2程度、2~3回に分けて加え、捏ねていきます。

c0126220_1421273.jpg



捏ね上がった生地をラップで包み、30分寝かせます。

これで、生地の完成です。

生地を棒状に伸ばし、8等分にします。

楕円形に伸ばしたら、2等分にします。

切り口を重ね合わせ、袋状にします。

具を包み、半円形の生地でふたをします。


これを揚げたら、本格サモサの出来上がり。

c0126220_14221833.jpg


出来上がりは、もう、最高。

部屋中に広がる素敵なインドのか・ほ・り♪


チャイと一緒に是非召し上がれ。
[PR]
by ashmam | 2010-05-07 14:23 | おうちで多国籍料理



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧