ashmama の 多国籍食堂

タグ:中華料理 ( 94 ) タグの人気記事

特製おいしい焼売



昨日はね。
都内某所で行われたお料理教室に行ってきました。
ここは、フカヒレ専門店でもあるんですが、「中国料理の友」と題して、毎月ホテルの料理長や有名中華料理店のオーナーシェフが来られて、直々に料理を教えてくれるという教室なんです。
勿論、我々は調理しなから、見て、食べるだけの非常に楽ちんなお料理教室でもあるわけ。

午後1時に開講されるんだけど、到着した頃には教室を埋め尽くす人でいっぱい。
10人掛けのテーブルが3脚。そこに12人が肩を寄せ合って座っています。

ここの教室の特徴は、受講生の方々の年齢層が高いということ。
圧倒的に女性が多いのはどこの教室でも一緒ですが、どこそこのマダムという風貌の方々が多いんですよね。所謂、お金持ち!?

その中にジーパン、ポロシャツで乗り込むなんて、完全にアウェーだね  ( ●≧艸≦)



が、そこは、おば様方。座った途端誰かれ構わずお友達状態になるわけ。
総勢、36人のおば様軍団が観客ということは。。。。賑やかなんです! このお教室 ヾ(≧∀≦*)ノ  

先生もマイクで熱心に教えてくれるんだけど、そんなのお構いなしでおしゃべりに夢中になっている方もいて、いやはや喧しい、喧しい(笑) 

調理中であろうと、質問も意見も忌憚なく発言していくので、
考えようによっては非常にリラックスしながら、突っ込んだ料理を習える場所でもあるんですねぇ。

面白かったぁ。

と、前振りが長くなりましたが、昨日のお料理をご紹介。

まずは、「焼売」

c0126220_1133112.jpg


「桃の木」特製の美味しい焼売の作り方を基本の餡から教わりました。
さっぱりと、酢と生姜だけで頂きます。
大振りのお肉と蝦がごろごろとしたボリューム満点の焼売。
仕上がりも美しぃ♪

「酸辣湯」

c0126220_1134699.jpg


夏トマトとトウモロコシの優しい味の酸辣湯。
お酢を入れずにタレとして後から味を加えていきます。
味の変化が楽しめます。トウモロコシが凄く甘くておいしかったぁ♪


「清炸蝦子」

c0126220_114571.jpg



有機ブラックタイガーを殻ごと調理した蝦の揚げものです。
エスニックのスパイスと調味料を使った香り高い一品。


どど~んと、お料理揃い踏みぃ!

c0126220_114223.jpg


有名店の料理を頂きながら、料理を教わる。
これって、最高だと思いません?

で、このお教室のもう一つ、良いところは、講義が終わった後も疑問が残ればどんどん質問できるということ。
例えば、保管の仕方や調理方法まで。
「もう一回焼売の包み方を見せてくださ~い!」
なんて、言葉にも、先生は丁寧に応えてくれます。

c0126220_1143992.jpg


毎月テーマがあって、その時々にあった食材で作る本格中華が楽しめます。


hiroさ~ん! ここなら試食だけの参加だよ! いかがぁ~??
[PR]
by ashmam | 2010-09-16 11:05 | 料理学校

大好き、腸粉♪



さぁてと、2か月待って、習いたかったもの!
腸粉、腸粉♪ それは、腸粉~~~~♪ (先生のメロディで歌ってね)
          ↑って、古くないかい`;:゙`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ

そうなんです。
あの飲茶でしか食べられない、つるぅ~んとして、もちぃ~んとした素敵な食べ物、腸粉ですよ♪
1回挑戦したんですが、これが、なかなかクセものでしてね。
うまくいかないんですよ。

先生もかなり試行錯誤を繰り返されたらしくて、やっと上手くいく方法を編み出したとか!
ならば、やはり、習いたいですよねぇ。

この日のお料理をざっくりと見せちゃいますとぉ! ほぉら、この通り!

c0126220_16455517.jpg


大きな蒸籠が並んで、圧巻ですねぇ。


そして、このツルンとして可愛らしいお饅頭は、かぼちゃのスィーツですね。

c0126220_16462672.jpg


さぁて、試食、試食♪


まずは、叉焼でしょう。

c0126220_16465811.jpg

これは、焼いたものをそのままで頂いたんだけど、これだけでも美味しいの♪
真似して家でもすぐに作ってみました!

c0126220_16485485.jpg


叉焼饅♪

c0126220_16475345.jpg


中の叉焼餡がとろ~~~んとして美味しいのなんのって♪ 
幸せだわぁ~d(o⌒∇⌒o)b

皮がうっすら甘くてね。中の餡とマッチして、美味しい♪


そして、こちらがお待ちかねの腸粉 ★イエーイ★

c0126220_16491590.jpg


どど~んと丸ごと一本、頂きました。
飲茶でもこんなに大きいのはでてきませんよ。
中はプリップリの蝦が入っているんです。特製のタレをかけていただきま~す!

うんま~~~い ☆☆☆(o^□^o)☆☆☆

で、こちらが、松茸のお粥です♪

c0126220_16493678.jpg


初松茸ぇ~~~~♪

はぁ、腸粉も思う存分頂きましたし、お粥も美味しかった♪
今日も満足、満足のお料理教室でしたよ。

さぁて、次は何を習いに行こうかなぁ^^
[PR]
by ashmam | 2010-09-14 16:50 | 料理学校

料理教室のはしご



先日のことです。

料理学校のはしごをしてきました(笑)
人気のあるお教室なので、空きがあったのは土曜日夕方からのクラスのみ。

13時からタイ料理だったのですが、後片付けを即効行ってすぐにお教室に向かいます。

16時からの開講なので、移動時間を考えるとどう考えても間に合いません。

息を切らし、駆けつけると既にお料理の真っ最中。
急いでエプロンをつけ、輪に加わります。

そこまでしても習いたかった料理があったんですねぇ。

皆が、作っていたのは、「鮮肉包子」。
これは、自分でも何回も作っているので、これではありませんよぉ。

c0126220_1456395.jpg


実は、これ! 「銀絲巻」

c0126220_14562699.jpg


中華風のパンというのかなぁ。
これが作りたかったんですよ。

へへへ、かわいいぃ! この後、蒸して頂きます。

揚げても美味しいし、今度、絶対お家で作るんだ♪

おっとぉ! 肝心の仕上がりの写真は撮り忘れているようですよ。
ごめんなさい!


この日のお料理は、

「梅干菜と豚肉の蒸し物」

c0126220_1457178.jpg


梅干しではなくメイガンというお漬物と豚肉を重ねた蒸し物ですね。
ほろほろお肉と梅干菜のひなびた味がまた美味しい。

実は、これ、台湾屋台料理学校でも習ったんですが、その時習ったよりも美味しかったです^^


「有頭海老の本格海老チリソース炒め」

c0126220_14571980.jpg

うひょう~ (〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!  豪華でしょう!?



ただ、残念だったのは、これらの素敵なお料理。
最後まで食べることができなかったんです。

と、いうのもこの後も約束があったんですね。
既に20時を回り、待ちあわせの時間に間に合いそうにありません。


この後もスープ、デザートと続くようですが、先生に無理を言って途中で退座させてもらいました。

う~ん。。。。惜しい。。。



次回は、私が最も習いたかったメニューです。

今から、楽しみだなぁ^^
[PR]
by ashmam | 2010-09-10 14:58 | 料理学校

ターピンはいかが?



フーディーズTVでウー・ウェン先生の番組が再放送されていました。
何気なく見ているとターピンを作っていました。

これは、面白い。 
今日は、ターピンを作りましょ。

早速、小麦粉を用意して、後、必要なのはぬるま湯と塩と油のみ。

生地は寝かせることもなく、練ったら、成型するだけなので、簡単、簡単。
とはいえ。。。 この熱さ。生地がだれるぅ。。。(--;

いつもより多めに打ち粉をしてよいしょ、よいしょ。伸ばしていきましょう。

c0126220_15184234.jpg


後ろでは、今日のお伴を撮影している人がいますが、
暇なら手元を映して欲しいんですけどぉ!(笑)

よじって、潰して、まぁるく伸ばしたら、後はフライパンで焼いていくだけ^^

半分に切って、はい、出来上がり。

c0126220_15191517.jpg


今日のつまみは、麻婆豆腐。

c0126220_1523247.jpg


花椒をばっちり利かせてかなりホットな仕上がり ^^/


ゴーヤをさっと湯がき、塩こんぶ、ツナ、鰹節粉と合えたもの。

c0126220_1520165.jpg


調味料を入れなくても塩こんぶがいい味に調えてくれます。
鰹節粉を加えることで、ツナの味がより一層引き立ちます。

具沢山のスープを添えて、いただきましょう。

c0126220_15202966.jpg


ターピンは層になっているので、二つに切り、真ん中を空けると
ポケットのようになって具を詰めることができます。

こんな風にサラダを詰めて食べても美味しいし

c0126220_15205313.jpg


おやおや、こっちは麻婆豆腐を入れていますよ(笑)

c0126220_15211177.jpg


美味しいですか?

美味しいそうです!(笑)

ピタパンよりも軽めですので、
お好きな具を入れて色々な味を楽しまれると面白いと思いますよ。

ターピンはいかがですか?
[PR]
by ashmam | 2010-07-28 15:23 | おうちで多国籍料理

焼き小籠包でお腹がパンパン!



昨日は、シャウ・ウェイ先生のところで「焼き小籠包」を習ってきました。
「焼き小籠包」は「食べるラー油」と同じくらいちょっとしたブームらしくて、
4月、5月と満席で、やっと昨日、参加実現と相成りました。

普段は6人までのお教室が10人。
今まだキャンセル待ちらしくて、多い時には15人を詰め込んでの開催だったとのこと。

ふ~ん、先生、儲かっていますねぇ(笑)

作り方は、割愛して。
まずは、前菜から。「季節の冷菜3種盛り」

c0126220_1622471.jpg


上が「チシャトとエノキ、木耳のあえ物」

チシャトというのは、初めてみましたが、こんな形をしています。

c0126220_16173918.jpg


これは切ってありますが、先に葉がついているとうどみたいなお野菜です。
匂いは胡瓜に近いかな? 食感はブロッコリーの軸と胡瓜の中間ぐらい(笑)
シャキシャキとして歯ざわりも美味しい^^

右が、「枝豆の紹興酒漬け」
これが、結構、紹興酒が効いていて、食べているうちに酔っ払いそう(笑)

手前が、「上海風ポテトサラダ」
リンゴとハム、そして、上海風と名付けられた所以は、なんとアイスクリームが入っているのだ! リンゴの爽やかな甘さとアイスクリーム入りマヨネーズのまろやかさが凄く美味しいポテトサラダに! これは、一度、家でも試さないと!


「三絲春巻」

c0126220_16175734.jpg


白菜、干し椎茸、豚肉がとろとろの餡になって入っている揚げ春巻。
一口食べると火傷しそうなほどの熱さ! でも、美味しい!

春巻きの皮もお手製です。

c0126220_16181649.jpg


強力粉で作った生地をフライパンで一つひとつ丁寧に焼いていきます。
まるで、クレープのようですが、今まで食べたことのない食感の春巻きです。
これも近々挑戦したいなぁ(笑)

「蝦肉大雲呑」

c0126220_16183464.jpg


プリプリのえび入りスープワンタン♪
その名の通り、ワンタン1個がかなり大きくて、ここで、かなりお腹が朽ちてきました。

お目当ての焼き小籠包まで、もつかしら?


かわいい小籠包が焼き上がりましたよぉ♪

c0126220_16185678.jpg


「元祖!焼き小籠包」

c0126220_16191138.jpg


一人3つの割り当てです。どれどれ~?
う~ん、味は美味しいけれど、スープがチョビっとしか出てこなかった。

生徒さん達の手作りなんで、どうしても包み方がしっかりしていないとスープが流れでてしまうんですね。

で、スープが出なかった人は優先的にもう3個食べられます。
4個目。 う~ん、惜しい、これもスープがちょびっと。

が、もう、ここでお腹が限界です。
く・苦しい~~!

焼き小籠包は粉ものですからね。
食べた直後より、しばらく立つとどんどんお腹に溜まってくる。

う~、お茶も飲めないほど、お腹パンパンになってきましたよぉ。

5つ目? いりませ~ん!!


「甘酒と白玉団子のお汁粉」

c0126220_16192966.jpg


ううう。見るだけで気持ち悪くなってきそうなほど、お腹がぁ、お腹がぁ。
ごめんなさい。ギブアップです。

c0126220_16194516.jpg


酒薬というものとお米を混ぜて、甘酒を作るんですって。
お味見していないんですが、爽やかな酸味と甘さが口に広がると言っていました。

今回は、シャウ・ウェイ先生のママがかなり活躍されていましたが、もうじき上海に帰ってしまうんですって。

ありがとうございます。ママ。 お元気でね^^
[PR]
by ashmam | 2010-06-11 16:22 | 料理学校

油飯(ユープン)を作ろう!



今日は、茹で豚の残りを使って、油飯を作ります。

何故、茹で豚の残りなのかっていうと、こんなものを作っていたからですね。


麻辣冷麺。

c0126220_1363439.jpg


先日の記事のブロガーさんのお宅に、どんな味の麺を持っていったらいいか、試験的に作ったもの。

でも、肉みそをかけた方が美味しかったので、茹で豚が残っちゃったってわけ。

そこで、これを使って、油飯を作ろうってことになったんだなぁ。

c0126220_1365558.jpg


ほらほら、台湾で売っているのは、こんな感じの餡かけおこわ。


本来は長粒のもち米を具材と炒め、蒸して作りますが、今日は、普通のお米で。
しかも炊飯ジャーで簡単に作っちゃいましょう。

お米は2合。
調味料は、甘口醤油大さじ2、五香粉、シナモン、砂糖少々、塩小さじ1/2、紅葱油大さじ1、干し蝦大さじ1、豚の茹で汁200CC、干し椎茸の戻し汁を入れます。
いつもの水の分量まで水を注いだら、スイッチポン!

炊きあがるうちに何だか台湾屋台の妖しいか・ほ・り(爆)

続いて、上にかけるタレを作ります。

油を引いたフライパンでニンニク(みじん切り)小さじ1/4を炒めます。
香りがでてきたら、茹で豚、干し椎茸(戻して千切り)を加え、軽く炒めていきます。
そこに水(もしくは豚の茹で汁)大さじ4、甘口醤油大さじ4、塩少々で味付けし、コーンスターチでとろみをつけます。

おっと、ご飯が炊けたようですねぇ。

c0126220_1374844.jpg


お茶碗に盛って、タレをかけたら、簡単、油飯の出来上がり。

c0126220_138319.jpg


一口食べると。。。。。


旨~~~~い!!! 

素朴なんだけど、素材の味が引き出されていて、美味しいんです。
ご飯をかみしめると 思わず 幸せを感じちゃう味。
↑ って、なんて小さな幸せなんだぁ(笑)


台湾風オムレツを添えれば、気分はもう台湾。

c0126220_1381918.jpg


実は、この中身、切干大根とこれまた残り物の肉みそが入っているの。

今日は、残り物料理づくしだね ( ●≧艸≦)

ゴールデンウィークでお金を使い果たしちゃった人にお薦めかな。


でも、味は、無茶苦茶 美味しいよぉ。
[PR]
by ashmam | 2010-05-10 13:10 | おうちで多国籍料理

香家の鬼坦々麺



先日、久しぶりに池袋に行く用事がありました。

打ち合わせ場所は、芸術劇場。

c0126220_165497.jpg


この高~い、天井が好きです。


都市部って、ちょっと行かないと随分変わったイメージを受けるものですが、
「エソラ池袋」というのは前からありましたっけ?

気がつかなかったなぁ。

今日は、ここで、お昼を食べましょう。
6階と7階が飲食街になっているようです。
私が選んだお店はここ!

c0126220_1652648.jpg


香家! 坦々麺と点心、中国茶のお店です。

店内は女性客で一杯。
窓側のカウンター席に座ります。


目の前はこんな感じ。

c0126220_1655120.jpg


都会だなぁって感じるのは、田舎者?(笑)



ランチは、汁あり・汁なしの4種類の坦々麺と海老ワンタン麺、とり麺などの辛くない麺などもあります。

c0126220_166132.jpg


私は勿論、辛い「鬼 坦々麺」をチョイス。
セットは、叉焼ごはんか高菜ごはんが選べるみたいですけれど、単品で。

ほっほっほ。
来ましたよぉ。鬼坦々麺!

c0126220_1663470.jpg


どうでしょうか。辛さは! 
うん。まぁまぁというところでしょうか。
咳き込むような辛さはありません。

青山椒がたっぷりと と書いてありますが、もっとたっぷりびりびりきても構わないよぉという感じでしょうか。
スープは美味しいです。

では、麺は?

c0126220_1665734.jpg


お~!! 細麺だ!
つるつるつる。。。。 もぐもぐもぐ。。。

おっと、この麺! 台湾で食べた香港料理の麺にそっくり!
と、いうことは、出前一丁ですか?

美味しい、美味しいです♪
この麺、好きなんですよぉ。
博多ラーメンの麺にも似ているの。

へ~、ここで食べられるんだぁ。

点心は、大好きなえび蒸しクレープ(腸粉)もある!
他には、焼き餃子、大根餅、えび水晶餃子、蓮の葉八宝ちまき、小籠包。
種類は多くはないですが、点心をうたっているだけあっていいところをメニューに持ってきていますね。
ふむふむ。 今度は、夜来てみたいな。

美味しかったです。ごちそうさま。

住所:豊島区西池袋1-21-1
電話:03-5944-9158
[PR]
by ashmam | 2010-03-10 16:07 | 多国籍料理食べ歩き

大島で刀削麺



最近、点心にハマっておりますが、勿論、粉ものも大好きです^^
と、いうわけで、今日は大島にある刀削麺のお店「天元」にやってきました。

c0126220_1821629.jpg


看板にもほら、刀削麺の文字。

c0126220_1824078.jpg


普通のラーメンもやっていますが、やはりここは、刀削麺でしょう♪

カウンターに座り、ご主人の動きをじ~っと観察。

頼んだのは、坦々麺と白菜肉。
まずは、白菜を中華包丁で、トントントンと切っていきます。
中華鍋に油を加え、鍋肌を温めたら、具材を炒めていきます。
味付け、とろみ付けまで、2分少々! さすが、プロ。

次に麺を削っていきます。

c0126220_1831537.jpg

でたでたでた。削刀!

シュッシュと素早く削るのかと思ったら、非常に丁寧な動き。
鍋に麺が放たれてから、こちらも1~2分で茹であがり。
器に盛って、スープを加え、具材を盛ったら完成です。

坦々麺!

c0126220_1833951.jpg


うん、中国東北地方っぽい味。

白菜肉麺

c0126220_18424.jpg


胡椒を利かせると白菜のうまみが引き立ちます。

麺は、こんな感じ。

c0126220_1842437.jpg


噛みごたえもあり、美味しい^^

家で作ると 生地が小さいから、麺が短かくてこうはいかないんだな(笑)

私的には、いわゆる普通のラーメンの麺より、こういった素朴な麺の方が好きなんだけど。

皆さんは、刀削麺、お好きですか?





大島「天元」(中華料理&刀削麺)

住所:東京都江東区大島5-8-7
電話:03-5626-5790
[PR]
by ashmam | 2010-02-24 18:06 | 多国籍料理食べ歩き

麻辣燙と空心焼餅



昨日は、お教理教室の日。
雪が降ってどうなるかと思いましたが、どうやらこうやら行ってきました。


今日のレッスンは、「麻辣燙(マーラータン)」と「空心焼餅(コンシンシャオビン)」。
電車の遅れで、遅刻しちゃた事もあるけど、ほとんど先生が作ってくれちゃいました(笑)
はははは、食べるだけの料理教室、楽ち~ん(笑)

まずは、鍋料から。

牛脂を溶かし、生姜、にんにく、トウチ、豆板醤、氷砂糖を入れ炒めていきます。
大粒の唐辛子と唐辛子粉入れ、紹興酒、鶏ガラスープを加えます。
もう、ここで、辛いのがダメな人は咳き込んでいるはず。
目と鼻を刺激する匂いが漂ってきたら、更に花椒を中心としたスパイス袋を投入。
香りが十分移るよう15分程度煮込んでいきます。
かくしてお鍋はこんな感じ!

c0126220_10245654.jpg


きゃ~、美味しそう。
鍋に入れる具材は、綺麗に並べて。

c0126220_1026161.jpg


雪で来られなくなった方もいらっしゃるので、沢山食べていってねと言われましたが。


鍋に好きな具材を入れて、煮込んで食べます!

c0126220_10262874.jpg


辛いのが大好きな人はもう堪らない~
想像通り、無茶苦茶辛いよぉ(爆)
汗が自然と出てきます。

最後にワンタンを茹で、ここに麻辣燙のスープをかけて、頂きます!

c0126220_10265194.jpg


ふっふっふ。美味しい♪


そして、もう一品は「空心焼餅(コンシンシャオビン)」。

中国の少数民族 満族の食べ物だとか。
形も作り方も想像できなかったけど、こんな風に出来上がりました。

c0126220_10272717.jpg


馬を操っていた彼らはこれを持って旅をしたとか。。。ふ~ん。

で、何故、空心かというと。

c0126220_10275816.jpg


ほら、こんな風に中が空洞になっているんです。

そこに、肉みそ。

c0126220_10281429.jpg


葱、香菜、そして、
胡瓜等を挟んで。。。

c0126220_10283143.jpg


この胡瓜がとっても美味しい。
塩漬けした胡瓜をにんにくのみじん切りと合わせてざっと炒めるだけなんだけど、箸休めにも最高。


そして、ほら、中国風ハンバーガーの出来上がり♪

c0126220_10284691.jpg


これは、旨い!

しかも簡単なので、是非、家でも作ってみよう♪

食べ終わる頃にはすっかり空も晴れ上がり、温かい日差しが差し組んできています。
明日も晴れるといいなぁ。
[PR]
by ashmam | 2010-02-19 10:31 | 料理学校

葱油餅



昨日のこと。
いつものように夕飯は何にしようかと決めかねていたんです。
ガルバンゾを買ってきたので、たまにはインドカレーでも作ろうか? と、思ったら、
「粉ものがいい・・」 ぼそっと呟くashpapaの声。

粉ものって。。。。

土曜日のお持ち帰りが沢山冷蔵庫に眠っているのに?

昨日は、昨日で「大根餅」を食べていたのに、まだ、粉もの食べたいんですか。。。

c0126220_16442553.jpg



仕方がないなぁ。。。。

粉ものねぇ。何を作ろうかなぁ。 
肉餅みたいなのはどうかい? 嫌?
ふ~ん、じゃ、肉まんみたいなのは? 嫌?
ふ~ん、では、葱油餅は? いい? 
そうかい、そうかい。分かりましたよ。 どっこらしょ。

さてと、今日は辻調理師専門学校の吉岡先生のレシピに沿って作ってみましょうかねぇ。
どれどれ~。

強力粉 150g 薄力粉 50g 塩小さじ1/5 温水165ml ラード小さじ1ね。
むむむ、、、小麦粉に対して水分が随分多い気がするけど。。。

まずは、粉を合わせ、ふるいにかけ、塩を加えると。それから、それから。
温水を120mlほど加え、麺棒で混ぜて全体を馴染ませると。ほい。
更に残りの温水を加えてよく練る。。。 げっ! べちゃべちゃじゃないかい!
大丈夫なのかしら、この生地。
次に麺台にとりだし、ラードを加え、手のひらの付け根で押すようにしてよく練る。。。って、あなた、こりゃあ、スライム状態ですがな! 
手のひらの付け根どころじゃありません。
もう、ゴキブリホイホイみたいな状態になってますが、大丈夫ですかね??? 
ひぇ~!!!

レシピによれば、一つにまとめて15分ほど休ませると書いてありますが。。。
まとまるどころか。。。ドロドロですが、どないしましょ?
まぁ、とりあえず寝かせておけば大丈夫かしら。。。と、ラップをかぶせ、そのまま放置。


15分休ませたところで、再度取り出し練ってみた。。。 う~ん、こりゃあ、打ち粉をしないととんでもないぞぉ。

生地を切り分け、麺棒で長方形に伸ばす。。。って、う~ん、難しい。
麺棒にも麺台にもくっついちゃうってば。
どうにかこうにかレシピ通り、作ってはみたものの。。。

c0126220_16445925.jpg


わ~!!! 最後の最後で巻き方間違えたぁ~!!!

c0126220_16452132.jpg


本当は、折り目を内側に平らに巻いていくんだった!
ひょえ~!!! とりあえず、これで焼いちゃえ!

かくしてちょっと厚めの葱油餅の出来上がり!

c0126220_16454585.jpg


味は抜群にいいんじゃがなぁ。。。。

でもって、どうもこうも レシピの数字が納得できない!
何で、150g+50g+5g+165ml=330gになるんじゃろか!
う~ん。う~ん。 と、悩んでいると

「そんなに悩んでいるなら、直接 聞けばいいじゃん」とashpapa。

「へっ?」 

と、思ったが、気になるので発行元に問い合わせてみた。
すると、わざわざ吉岡先生に確認して、お返事をもらってしまった!
ありゃまぁ、そんな申し訳ない! 

結局、温水が165mlではなく、水165mlを60度の温水に沸かした後の容量で、総量に違いがでるのだということ。
ふむふむ、これで、納得できたわい!
そうだろうなぁ、そうだとも! 非常に満足して電話を切った。

しかし、たかが電話で問い合わせただけなのに、きちんと調べて答えてくれるなんて!
偉いぞ! 柴●書店! 
[PR]
by ashmam | 2010-02-10 16:46 | おうちで多国籍料理



ashmamaが作る多国籍料理、現在、台湾寄り(笑)

by ashmam
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
お気に入り
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
最新のトラックバック
たこ焼き わなか 千日前..
from ぴんじん小姐グルメ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧